チンゲンサイ







トップページへ

栽培と病害虫ページへ

家庭菜園写真集へ






栽培方法とメモ帳

病気写真

害虫益虫写真

作物名 チンゲンサイ
科 族 目 あぶらな科あぶらな属
原産地方 中国
作物特性 K、Ca、Fe、Cu、ビタミンA(βカロテン)、Bアナイシン葉酸群、C、K、食物繊維を多く含む
栽培特性 カリウム: ナトリウムを対外に排出する効果のあるところからそれに伴う血圧の低下など生活習慣病予防に寄与
カルシウム: 体を支える骨格や歯などを構成する重要なミネラルで不足すると骨の弱体を招く
鉄: 赤血球を構成するヘモクロビンの成分で体内に酸素を供給する重要な働きがあり不足すると貧血症になる
銅: 赤血球を作るのに触媒としての作用があり、鉄とのバランスの取れた摂取が必要
食物繊維は主に消化器官を適切な状態に保つと共に、それによって各種の生活習慣病の予防に寄与している
ビタミンA、(βカロテン)は視神経を活発化するとともに美肌にも効果があるといわれている
カロテンは色素成分で活性酸素を阻害する抗酸化作用があり、生活習慣病予防や免疫を強化する働きがある
ビタミンBアナイシン葉酸群はブドウ糖、脂肪、タンパク質を効率よく熱に換えたり、細胞の増殖に重要な働きをしている
葉酸は造血作用に働いて健全な血液を作り出す
ビタミンCは抗酸化作用があり活性酸素の増加を防ぎ抗癌作用があるといわれている
ビタミンKは血小板の働きを助けたり造骨作用を活性化し、骨粗しょう症の改善や予防の働きがある
周年栽培が容易で、栽培期間が比較的短い
品種等 中国チンゲンサイ、青帝、シャオパオ
生育土壌 pH6〜6.5 水持ち良く通気性がある
播種時期 周年(加温、無加温ハウストンネル栽培)
植付時期 適宜
発芽地温 15〜25℃
生育温度 15〜25℃
収穫時期 適宜
保存方法 適湿常温
チンゲンサイ 単位は上段を除き100g当りmg(mg/100g) 日本食品標準成分表より
構成物質 熱量(Cal) 水分g タンパク質g 脂質g 炭水化物g 灰分g
摂取目安 2500 60 70 400
生・葉 9 96 0.6 0.1 2 0.8
ゆで・葉 12 95.3 0.9 0.1 2.4 0.8
無機質 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン
摂取目安 4000≧ 2500 1000 350 1000 10 10 1 4
生・葉 32 260 100 16 27 1.1 0.3 0.07 0.12
ゆで・葉 28 250 120 17 27 0.7 0.2 0.06 0.17
ビタミン A(カロテン) A(レチノール) B1 B2 ナイアシン B6 B12 C D
摂取目安 0.7 1.5 1.5 15 1.5 0.0024 100 0.005
生・葉 2 0.17 0.03 0.07 0.3 0.08 0 24 0
ゆで・葉 2.6 0.22 0.03 0.06 0.3 0.04 0 15 0
ビタミン E K 葉酸 パントテン酸
摂取目安 10 0.07 0.25 7
生・葉 0.7 0.084 0.066 0.17
ゆで・葉 0.9 0.12 0.053 0.12
脂肪酸 飽和 1価不飽和 多価不飽和 コレステロール
摂取目安 750≧
生・葉 - - - 0
ゆで・葉 - - - 0
食物繊維 水溶性 不溶性 食塩相当 硝酸窒素
摂取目安 25000 10(g)≧
生・葉 200 1000 1200 100 500
ゆで・葉 300 1200 1500 100 500
摂取目安 : 普通活動成人男子の目安 (女子、少年、活動状態により加減)
病気 適用薬剤 殺菌剤ページへ
土壌障害 土壌消毒(クロルピクリン等) 輪作 親苗の健全採苗 地下水位を下げる 
灰色かび病
斑点細菌病 Zボルドー水和剤 
菌核病
疫病
炭疽病
軟腐病 Zボルドー水和剤 
褐斑細菌病 Zボルドー水和剤
黒星病
うどんこ病 カリグリーン
べと病 Zボルドー水和剤 
褐斑病
つる枯病
白さび病 リドミル粒剤 
さび病 kアリグリーン
白斑病
黒斑病
黒腐病 Zボルドー水和剤 
果実陥没病
果実汚斑細菌病
花蕾腐敗病
株腐病
根こぶ病 フロンサイド粉剤 ネビジン粉剤
茎枯病
苗立枯病
斑点病
害虫 適用薬剤 殺虫剤ページへ
ハダニ類
タバココナジラミ
オンシツコナジラミ
ハスモンヨトウ アファーム乳剤
ヨトウムシ トアローCT アファーム乳剤 エスマルクDF 
コナガ アファーム乳剤 トアローCT エスマルクDF 
アオムシ アファーム乳剤 トアローCT エスマルクDF 
オオタバコガ エスマルクDF
タマナギンウワバ
アブラムシ類 アルバリン顆粒 オルトラン水和剤
ネグサレセンチュウ
ネコブセンチュウ
アザミウマ類 アファーム乳剤
ミナミキイロアザミウマ
ミカンキイロアザミウマ
ハイマダラノメイガ アファーム乳剤
ハモグリバエ類 アファーム乳剤
ナメクジ カタツムリ類
コガネムシ類幼虫
ネキリムシ
ケラ ネキリムシ類 ダイアジノン粒剤
キスジノミハムシ ダイアジノン粒剤
カブラハバチ

2006年栽培

4月4日         4月11日
  種まき         発芽育苗

4月21日
  間引き

5月11日        5月21日
  定植圃場       収穫







栽培方法とメモ帳




周年栽培可能な野菜ですが、冬季の栽培は保温が必要になります。
又、夏の栽培は高温多湿の環境は青梗菜にとって過酷で、高温(遮光)多湿(雨除け)の対策が必要です。
初期の育苗がスムースに進むとその後の成長が良く何とか形になりますが、苗の時点で不良ですと栽培は諦めとなります。

発芽率は概ね100%と言ってよく点蒔きでは2〜3粒で十分で、厚く蒔いても摘み菜としての利用が期待できないと思います。
栽培株数が多いときは若採りをするようにし、全てを採り頃まで待っていると消化しきれずに大株となり品質が悪くなります。
ミニチンゲンサイとして丸ごと料理するのも良いと思われます。


病虫害の発生が多く注意が必要な野菜の1つです。
防虫ネットなどで害虫の被害を少なくすることが出来ますが、初期の防除を農薬を使ってでも防除を徹底し、
防虫ネットの中が害虫天国になることが無いように注意を払う。

硝酸態窒素が食品成分表では、生食と茹でたものとでは同じとなっているので流出しにくいと言う事なのでしょうか。
茹でた後の重量が減少しているためなのでしょうか。







病気写真

萎縮モザイク病 (ウィルス)

白さび病 (糸状菌)







害虫益虫写真

ヨトウムシ

害虫食害痕

シジミチョウ成虫

マイマイ

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ