たかな







トップページへ

栽培と病害虫ページへ

家庭菜園写真集へ 






栽培とメモ帳

病気写真

害虫益虫写真

作物名 たかな
科 族 目 あぶらな科あぶらな属
原産地方 中央アジア、中国
作物特性 K、Ca、Fe、ビタミンA(βカロテン)、Bアナイシン葉酸群、C、K、食物繊維を多く含む
栽培特性 カリウム:ナトリウムを対外に排出する効果のあるところからそれに伴う血圧の低下など生活習慣病予防に寄与
カルシウム:体を支える骨格や歯などを構成する重要なミネラルで不足すると骨の弱体を招く
鉄:赤血球を構成するヘモクロビンの成分で体内に酸素を供給する重要な働きがあり不足すると貧血症になる
ビタミンA、(βカロテン)は視神経を活発化するとともに美肌にも効果があるといわれている
カロテンは色素成分で活性酸素を阻害する抗酸化作用があり、生活習慣病予防や免疫を強化する働きがある
ビタミンBアナイシン葉酸群はブドウ糖、脂肪、タンパク質を効率よく熱に換えたり、細胞の増殖に重要な働きをしている
葉酸は造血作用に働いて健全な血液を作り出す
ビタミンCは抗酸化作用があり活性酸素の増加を防ぎ抗癌作用があるといわれている
ビタミンKは血小板の働きを助けたり造骨作用を活性化し、骨粗しょう症の改善や予防の働きがある
食物繊維は主に消化器官を適切な状態に保つと共に、それによって各種の生活習慣病の予防に寄与している
品種等 紫たか菜、三池たか菜
生育土壌 pH6〜6.5 水持ち良く通気性がある
播種時期 8月〜9月
植付時期 9月〜10月
発芽地温 15〜25℃
生育温度 15〜25℃
収穫時期 11月〜12月
保存方法 適湿常温
たかな 単位は上段を除き100g当りmg(mg/100g) 日本食品標準成分表より
構成物質 熱量(Cal) 水分g タンパク質g 脂質g 炭水化物g 灰分g
摂取目安 2500 60 70 400
生・葉 21 92.7 1.8 0.2 4.2 0.9
漬物 33 83.5 2.8 0.2 7 6.5
無機質 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン
摂取目安 4000≧ 2500 1000 350 1000 10 10 1 4
生・葉 43 300 87 16 35 1.7 0.3 0.04 0.24
漬物 2300 450 150 20 43 2.1 0.4 0.09 0.22
ビタミン A(カロテン) A(レチノール) B1 B2 ナイアシン B6 B12 C D
摂取目安 0.7 1.5 1.5 15 1.5 0.0024 100 0.005
生・葉 2.3 0.19 0.06 0.1 0.4 0.16 0 69 0
漬物 3.6 0.3 0.07 0.14 0.1 0.1 0 30 0
ビタミン E K 葉酸 パントテン酸
摂取目安 10 0.07 0.25 7
生・葉 0.9 0.12 0.18 0.27
漬物 1.5 0.22 0.081 0.25
脂肪酸 飽和 1価不飽和 多価不飽和 コレステロール
摂取目安 750≧
生・葉 - - - 0
漬物 - - - 0
食物繊維 水溶性 不溶性 食塩相当 硝酸窒素
摂取目安 25000 10(g)≧
生・葉 800 1700 2500 0.1 200
漬物 1000 4200 5200 5.8 -
摂取目安 : 普通活動成人男子の目安 (女子、少年、活動状態により加減)
病気 適用薬剤 殺菌剤ページへ
土壌障害 土壌消毒(クロルピクリン等) 輪作 親苗の健全採苗 地下水位を下げる 
灰色かび病
斑点細菌病 Zボルドー水和剤 
菌核病
疫病
炭疽病
軟腐病 Zボルドー水和剤 
褐斑細菌病 Zボルドー水和剤
黒星病
うどんこ病 カリグリーン
べと病 Zボルドー水和剤 
褐斑病
つる枯病
白さび病
さび病 カリグリーン
白斑病
黒斑病
黒腐病 Zボルドー水和剤 
果実陥没病
果実汚斑細菌病
花蕾腐敗病
株腐病
根こぶ病 フロンサイド粉剤 ネビジン粉剤
茎枯病
苗立枯病
斑点病
害虫 適用薬剤 殺虫剤ページへ
ハダニ類
タバココナジラミ
オンシツコナジラミ
ハスモンヨトウ アファーム乳剤
ヨトウムシ トアローCT エスマルクDF アファーム乳剤
コナガ トアローCT エスマルクDF アファーム乳剤
アオムシ トアローCT エスマルクDF アファーム乳剤
オオタバコガ エスマルクDF
タマナギンウワバ
アブラムシ類 除虫菊剤 オルトラン水和剤
ネグサレセンチュウ
ネコブセンチュウ
アザミウマ類 アファーム乳剤
ミナミキイロアザミウマ
ミカンキイロアザミウマ
ハイマダラノメイガ アファーム乳剤
ハモグリバエ類 アファーム乳剤
ナメクジ カタツムリ類
コガネムシ類幼虫
ネキリムシ
ケラ ネキリムシ類 ダイアジノン粒剤
キスジノミハムシ ダイアジノン粒剤
カブラハバチ

9/16

9/25

11/10

12/4

塩漬け






栽培とメモ帳






病気写真






害虫益虫写真

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ

高菜は漬物として有名で是非とも作ってみたい野菜です。
レタスなどの様に生食することはなく、またホウレンソウの様に茹でて食することもあまりなさそうです。
豆腐や油揚げ、縮緬雑魚や卵との和え物が目にとまるくらいです。

塩漬けてからのおにぎりや油炒め、チャーハン等の漬物からの料理バリエーションが多い。
とくに熟成して酸味が出るころの油炒めは投入する食材の豊かさゆえにいろいろな味が楽しめます。


秋口に播種すると年内の収穫が出来、また晩秋に播種し霜よけを施すと年明けに小さい株での収穫になりますが、
冬の貴重な葉菜の一翼を担います。

連結ポットの播種し、3号ポットで移植育苗後定植します。
日当たりがよく水はけの良いところが適地ですが、灌水することも重要ですので滞水するところは避けます。
生育は極順調で、病害虫の発生も季節柄少なく、大株での収穫も容易いです。


関東地方では高菜にあまりなじみは無いようで、スーパーなどでの販売は少なく残念な気がします。
比較すると高菜漬けとしての販売の方が多いので、自家漬物としては面倒なんでしょうか。?
その点は野沢菜とよく似ていますね。

3月に入り気温の上昇してきましたら残った高菜漬けを細かく刻み、密封ポリ袋に入れ冷蔵庫で保存できます。
この際漬け汁も一所に入れ空気を少なくして密封すると保存期間が長くなると思いますが、あくまでも思いですので・・・・。