コンサートツアー 2009 
東京国際フォーラム ~No Reason~


2009年11月23日
ジョニィが来たなら伝えてよ 2時間待ってたと  割と元気よく出て行ったよと お酒のついでに話してよ
  友だちならそこのところ うまく伝えて
ジョニィが来たなら伝えてよ わたしは大丈夫  もとの踊り子でまた稼げるわ 根っから陽気に出来てるの
  友だちならそこのところ うまく伝えて

今度のバスで行く 西でも東でも  気がつけばさびしげな町ね この町は・・・・・

ジョニィが来たなら伝えてよ 2時間待ってたと  サイは投げられた もう出かけるわ 私は私の道をゆく
  友だちならそこのところ うまく伝えて・・・・・・ジョニィへの伝言

  Fifth Avenue

  陽かげりの

  ハート&ハード ~時には強く時には優しく・・・はがゆい唇・・・枯れない花・・・So in Love

  遥かな人へ

  あなたの横顔

  Old Time Jazz
  
  for you



ヘンリーバンド・・・Another Tomorrow  休憩


  桃色吐息

  ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら

  ラストメール

  真っ白いシャツ ~Lonely girl Lonely boy~

  My Heart New York city


  無伴奏

  心のメッセージ



     アンコール


  グランパ  

  ごめんね

  ありがとう
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ジョニィが来たなら伝えてよ 2時間待ってたと  割と元気よく出て行ったよと お酒のついでに話してよ
  友だちならそこのところ うまく伝えて
ジョニィが来たなら伝えてよ わたしは大丈夫  もとの踊り子でまた稼げるわ 根っから陽気に出来てるの
  友だちならそこのところ うまく伝えて

今度のバスで行く 西でも東でも  気がつけばさびしげな町ね この町は・・・・・

ジョニィが来たなら伝えてよ 2時間待ってたと  サイは投げられた もう出かけるわ 私は私の道をゆく
  友だちならそこのところ うまく伝えて・・・・・・ジョニィへの伝言

  Fifth Avenue (五番街のマリーへ英語バージョン)

  陽かげりの街

みなさんこんばんわ、二階の皆さん、三階の皆さんこんばんわ。
今年もコンサートツアースタートするために川口に帰ってきました。
今日のために、ねりにねったコンサートですが、何がこの本番を迎えて起こるか分りませんからね、緊張する。
皆さんにもその緊張が伝わって「何かが起きるのではないか」と緊張するから、よけいに緊張・緊張。

実際、この川口でのコンサートで発見できる不完全な所もあります。
それを修正、修正しながら舞台道具、音響、照明など、完全なものに仕上げて行くのですが、
この会場の皆さんはそのたたき台、と言ったら叱られるわよね。
でも、気持ちは一所懸命ですから、温かく、寛大な心で。

メドレーで聴いてください。

  ハート&ハード ときには強く時には優しく  はがゆい唇  枯れない花  So in love

  遥かな人へ


40年を迎えました。
それを記念してアルバムを出しましたし、積極的にTVにも出させていただきましたし、対談番組にも。
あまり好きじゃないのにね。
私は完全なものを自分自身に要求しすぎるのかもしれませんが、開き直って「まぁいっか間違えてもって」臨みました。

コンサートのタイアップ企業・岩谷産業のイメージソングです。

  アナタの横顔

  old time jazz

  for you



    ヘンリーバンド


野々田万照
真梨子さん、デビュー40年を迎えました。
ヘンリーバンドも35年です。
因みに私万照、21年。
CD出しました「Another Tomorrow」 爺、婆への応援歌ですが、ヘンリーバンドもその仲間が大勢?います。
軽快なラップで日々の出来事の掛け合いを唄っていますが、共感できるところもあるかも。
今日より明日、明日より明後日、日々前向きに生きましょうと言う事で、振り付けも考えてみました。
ちょっとした体操気分?にもなれるので、教えるから。

目眩に動悸はは当たり前 病気3つ4つ乗り越え一人前 気も心も腐ってない挫けない 撓った分すぐ折れない
朝からジミヘン聴いて何が変 伸ばせ足腰鞭打ちアキレス腱 エスカレーターは並ばず階段 ビタミンミネラル足りないアミノ酸

近視老眼倦怠感 血管サラサラスッカラカン どの道あの世じゃ金使えない 運が良ければ想い出いっぱい
ゴーゴー・ドドンパ・スクスク・チャチャ・ジルバ ボインで恋した夜なフィーバー
何時か踊った君と語った 今だからできること沢山 

これからさき何回逢えるかな 君の笑顔が見たいから 肩を組んで見上げた空は 今も同じ色で笑う走る光る夢はこれから・・・・
・・・・・
これからさき何回逢えるかな きみの笑顔が好きだから重い荷物は全部捨てて 新しい朝に向かって歩く抱くぼくら夢はまだまだ

振り返らないで再出発 過去から学んでもう一発 やりたかったこと できなかったこと 
今からでも遅くない・・・・・Another Tomorrow


     休憩


  桃色吐息

  ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら

  ラストメール

  真っ白いシャツ

  My Heart New York city

  フレンズ

  心のメッセージ



     アンコール


  グランパ



私のコンサートに時間を割いてお出で下さりありがとうございました。
この衣装若向きでやり過ぎと思ったのですが皆が「いい、いい」とオダテルものだからのっかちゃいました。
この靴、ハイヒールなんだけど、ハイハイヒールなんですよ。
踊りの時は突っかかって、カクカクして滑らすことができないの。
川口における改善の第一号として今後考えなきゃならない問題ですね。

これからどのくらい歌えるかわかりませんがその時まで頑張ってみる。
よろしくお願いします。

ヘンリーバンド紹介します。

ドラムス:山下政人  ギター:藤井晴稔  ベース:小川真司  パーカッション:マロ  キーボード:小松崎ジジイ
サックス:野々田万照  コンサートマスター:宮原慶太  プロデューサー:ヘンリー広瀬

  ごめんね

  Thanks



時計が正面に映しだされ正回転に時を刻んでいる。
逆回転で時を刻んでいた時は何時のコンサートであったのか思い出せない。
深紅のカクテルドレスに身を包み始まったコンサート。
前半は40年の楽曲が選ばれ聞き覚えも加わって楽しめた。

ヘンリーバンドの「Another Tomorrow」最新のリリース、中高年の応援歌でラップの合唱曲。
ミニ体操?も取り入れられ客席一体となり盛り上がったと思う。
このコンサートでは珍しく約10分位の休憩時間が取り入れられていた。
前年のコンサートでいみじくも万照さんが呟いた「ヘンリーバンドも年でトイレ休憩が必要」が納得?

胸元に宝石をちりばめたメタリックシルバーのミニのドレスで軽快感のある衣装。
アンコールの衣装は可愛らしいキャミソールのミディフレアースカートで、髙橋40年に因んだCDをスカートにプリント。
1950~60年代流行していたと思うそのシルエットは髙橋真梨子さんもお気に入りの中の一着ではないだろうか。
ジュークボックス華やかなりし日々のことが思い出されてきた。






コンサートツアー 2013 
川口総合文化センター リリア~Premium 40  forty~


6月9日
You’d  be  so  nice  to  come  home  to  You’d  be s o  nice  by t he  fire
While  the  breeze  on  high  sang  a lullaby  You’d  be  all  that  I  could  desire


Under  stars  chilled  by  the  winter  Under  an August  moon  burnin’  above
You’d  be  so  nice,  you’d  be  paradise  To  come  home  to  and  love・・・・・You’d be so nice to come home to


  unforgettable

  Besame Mucho


皆さんこんばんわ、二階の皆さんこんばんわ
この会場は約5000人もの観客席がありますので広い。
私からも二階席の後の方は年のせいもあってか見えません。
毎回といってよいほどいらっしゃっているお客さんもいるのよね。
でもね、リハーサルやったり、完成された企画なのでステージも、歌う曲もいっしょ。

見た通りで照明さん、大道具さん、音響さん等々、ヘンリーバンド一体で作り上げています。
特に照明はコンサートの進行に合せてプログラムが組まれているし、音響も同様な要素があります。
会場設置のピアノや照明、ギター1本・キーボード一台で構成できるコンサートは、歌い手の気分で変更が可能ですが、
私のコンサートは私の気分では変えることができないのよね。

その様なコンサートですが最後まで楽しんでください。
両側にモニターもありますので、遠くの方はそれで我慢してくださいね。
オープニング三曲聴いていただきました。

若いころから父の影響もあって洋楽に興味があり、14~15歳頃から歌っていました。
そんなころの思いをたどってカバーアルバム「、No Reasonー3 洋楽想い」をリリースしました。
そのアルバムからセレクトして皆様にお届けしたいと思っています。
先ずその内の三曲を聴いていただきました。

次は皆さまにはちょっと耳慣れた曲を聴いてください。

  桃色吐息

  五番街のマリーへ

  crazy for you ~愛しすぎて~


ありがとうございました。
わたしは大ヒットといえる楽曲はないのですが、まあまあ世間に知られるような曲はあります。
大ヒットした一曲だけでコンサート方もいらっしゃる?中で、名曲を歌えたことに感謝しています
ところで、皆さんはどんな歌手のコンサートを聴きに行っていますか。
私も昔は同年代の歌手たちとジョイントコンサートなんかをしていましたが、それもよい思い出です。

  LIFE

  come prima 出逢った頃のように

  蜃気楼

ありがとうございます。
池上季実子さん、女優の、今日いらっしゃっています。
池上さんはカメリアダイヤモンドのCMに出ていたのですが、そのCMソングが桃色吐息でした。
それからもう一方、私の20年からの飲み友達の萬田久子さんもいらっしゃっています。
女優さんっていいわね、いつも美しくって、若々しくて、お芝居は出来るし、うらやましい限りです。

私は歌う事しかできませんので、一人ぼっちで次の曲は歌います。

夕やみが都会をいろどる 人波は流れる 仕事帰りこんなとき 君に会いたい
   地下鉄の窓に映った 名前のない人達 ぼくは一人目をそらす ガラスの向こう遠い日々

But my loveevertime I feel your heart 君の声でめざめた ささやかな毎日
   Evertime I feel your heart 何もなくても充たされていた

今も心は呼んでいる 君と生きたあの頃・・・・・ Every Time I FEEL your HEART 君と生きたい 


     ヘンリーバンドプレイ


野々田万照さんCM
私、9月、野々田万照、・ソロCDをリリースしました。
タイトルは「In this Life」サックスをフィーチャした曲です。
サックス吹いているのは私、野々田万照、バカばっかり言っているような私ですがサックス吹けるんです。
手に持っているこのサックスかっこいいでしょう、見たことないでしょう?
木管楽器らしくもない真っ白なホーロー仕上げ見たいで。
この間言われましたよ、便器に似てるって、参りました、

器楽曲ですが、今日は真梨子さんに参加してもらいましたので、聴いてください。

  In This Life

  Smile

  Oh! Carol

  勝手にしゃがれ

  オレンジ

  Heart Breaker ~波紋の渦~

  ワンダフルナイト cinema

  グランパ



     アンコール


  Superstar

ありがとうございます。
年甲斐もないキラキラ衣装で現れてごめんなしいね。
私も少しはおしゃれをして見ようと思いましたのですけれど、どうですか?
この年で若い人の着るようなピンク、覚悟が要りました、覚悟したら平気でした。

20年前頃に魔の海域として有名なバミューダ諸島で結婚式を挙げましたが、
日本で当然のお色直しが無かったんですね。
コンサートの中ではありますが「念願がかないました」との思いです。

今年は例年と違って日程的には後半のスケジュールでコンサートがはじまったのですが、
それは体調が思わしくなかったから。
それで、「人間ドック」、詳しく調べました。
結果はどこも悪い所はなく健康優良児?で、精神的、気分転換になるかもとイタリヤへも行ってきました。

皆さんに会えて嬉しく、感謝しています。
この後、デナーショウも控えていますが、よかったら見に来てください。
あとどのくらい歌うことができるかはわかりませんが、多くの方に会えるいろいろな町に行きたいと思います。


ヘンリーバンド紹介します。
ドラムス:山下政人  ギター:藤井晴稔  ベース:小川真司  パーカッション:マロ  キーボード:小松崎ジジイ(純)
サックス:野々田万照  コンサートマスター:宮原慶太  プロデューサー:ヘンリー広瀬

  ごめんね

  for you

You’d  be  so  nice  to  come  home  to  You’d  be s o  nice  by t he  fire
While  the  breeze  on  high  sang  a lullaby  You’d  be  all  that  I  could  desire


Under  stars  chilled  by  the  winter  Under  an August  moon  burnin’  above
You’d  be  so  nice,  you’d  be  paradise  To  come  home  to  and  love・・・・・You’d be so nice to come home to


  unforgettable

  Besame Mucho


皆さんこんばんわ、二階の皆さん、三階の皆さんこんばんわ
(恒例のオープニングトークで始まりました)
今年のコンサートは例年ですともっと早くスタートするんですが、前半を休演するようなスケジュールになりました。
体調が思わしくなり、食欲もわかず、結果体重も減少しましたが、ようや食欲もわき体重も戻ってきています。
皆さんには御心配をおかけしました。

オープニング三曲聴いていただきました。
若いころから父の影響もあって洋楽に興味があり、14~15歳頃から歌っていました。
そんなころの思いをたどってカバーアルバム「、No Reasonー3 洋楽想い」をリリースしました。
そのアルバムからセレクトして皆様にお届けしたいと思っています。
先ずその内の三曲を聴いていただきました。

次は皆さまにはちょっと耳慣れた曲を聴いてください。

  桃色吐息

  五番街のマリーへ

  crazy for you ~愛しすぎて~


ファンクラブに入られている方も来てくださっていると思います。
ファンクラブを立ち上げるには私としてはちょっと戸惑い感があったんですね。
今は極普通なんですが、私の年代から言うと、「売れています」からとのイメージがあったのでね。
それでも来年は40年を迎えることができました。で、記念の企画を考えています。
これから11月最終まで二十数回コンサートがあります。
内容の濃い皆さんに楽しんでいただけるようなコンサートにしたいと思っていますのでよろしくお願いします。

  LIFE

  come prima 出逢った頃のように

  蜃気楼

  Every Time I FEEL your HEART 君と生きたい



     ヘンリーバンドプレイ


ヘンリーバンドCD出しました。
器楽曲ですが、今日は真梨子さんに参加してもらいましたので、聴いてください。

  In This Life

  Smile

  Oh! Carol

  勝手にしゃがれ

  オレンジ

  Heart Breaker ~波紋の渦~

  ワンダフルナイト cinema

  グランパ



     アンコール


  Superstar

ありがとうございます。
年甲斐もないキラキラ衣装で現れてごめんなしいね。
私も少しはおしゃれをして見ようと思いましたのですけれど、どうですか?

ヘンリーバンド紹介します。
ドラムス:山下政人  ギター:藤井晴稔  ベース:小川真司  パーカッション:マロ  キーボード:小松崎ジジイ(純)
サックス:野々田万照  コンサートマスター:宮原慶太  プロデューサー:ヘンリー広瀬

  ごめんね

  for you

他人なら優しくできても 恋はエゴイスト  
  淋しさで抱き合うのさえも ときに臆病になるわ
      そう 街は大きな鳥籠ね みんな飛べないの

歯痒いのよその唇 キスする場所間違えてる  心の傷ならそんなとこにない
   歯痒いのよその口づけ 私の中の落とし穴  
ぽっかり開いてる 孤独を塞いで・・・・・はがゆい唇

  そっとLove'n you

  陽かげりの街


みなさんこんばんわ 二階の皆様こんばんわ
7月のコンサート以来戻ってきました。
今年のコンサート大変なこともありましたが今日がその最終回、40回目のコンサートを迎えることができました。
最後までヨロシクオネガイシマス。

  Hold me Rain ~雨に抱かれて~

  目を見て語れ恋人たちよ


目を見て語れ恋人たちは亡くなられた阿久悠さんの作品で、15年前頃に発表された歌詞です。
今に通じるするどい観察力をお持ちであったと感じていますし、
亡くなられた後、遺作のような形で完成された楽曲を私が歌う事にも感謝しています。
また感謝といいますと今年3月東日本大震災がありましたが、このコンサートでも義援金を皆さんから頂きました。
今日も会場前でお願いしているのですが、多くの方からお応え頂き感謝をしております。
被災地のお役にたつよう皆さんの善意をお渡しすることにします。

歌はいろいろな時、いろいろな場所で心に響き、思いを共有することができます。
そんなメッセージを思い起こし伝えた曲を聴いてください。

  Imagin

  明日に架ける橋


次の曲はテレビ朝日系列で放映された「京都地検の女」のエンディングに流されたテーマ曲です。
7シリーズの夏ワンクールでしたので放送は終わっているのですが、知ってましたか?
出演者が最後にコメデーチックに演技する設定なのでその台詞に負けて小さく流れていました。
髙橋真梨子としてはもう少し大きくしていただきたかったのですけれど。
最終画面でやっと髙橋真梨子・主題歌「この蒼い地球(ほし)のように」で紹介?され約100secの出演です。

  この蒼い地球のように

  桃色吐息

  LIFE



     ヘンリーバンドプレイ


野々田万照さんのトーク
皆さんに見て頂いたのがヘンリーバンドプレイと称する出し物です。
高齢の方もいるのに、こんなこと17年間続けています。
ヘンリーバンド平均年齢約52才、最高年齢はヘンリーさんで68才。
因みに奥さん6歳下。

ヘンリーバンドプレイの経緯云々・・・・は同じような話でした。


  Frustration

  Painter ~アグリジェントに戻りたい~

  Feliz

  ありがとう

  無伴奏

  for you


ありがとうございました。


     アンコール


  ジョニーへの伝言

  グランパ


ありがとうございました
2階の皆さん遠い場所でごめんなさいね、楽しんでいただけましたでしょうか?
ヘンリーバンド紹介します

ドラムス:山下政人  ギター:藤井晴稔  ベース:小川真司  キーボード:小松崎ジジイ(純)

パーカッション:マロ(北沢マロ)  サックス:野々田万照  コンサートマスター:宮原慶太  プロデューサー:ヘンリー広瀬

私も40年近く歌ってきましたが、皆さんは私の曲で印象に残る曲はあるんですか?
沢山の印象に残る歌頂いたんですが、ソロになってから初めてNHK紅白歌合戦に出させてもらって、
ようやく認められた曲が桃色吐息でした。
この曲は「カメリアダイアモンド」のCMソングで流されたのでその場面を知っている方もいると思うのですが、
そのCMに出ていた池上季実子さん、今日会場に来ていらっしゃいます。
「お互いにあのころは若かったわね」

今年の夏ごろ体調が思わしくなり、食欲もなくて、お医者さんに診てもらってもなんともないとの診断で、
いわゆる夏バテと違った気怠さに陥ってしまいました。
最後まで往けないのではないかとの思いもよぎりましたが、コンサートで皆さんの顔を見ると元気がもらえました。
これからも元気がもらえるよう、皆さんに会えるよう、頑張るね。

今年最後のコンサートの最後の曲です。
15歳の頃博多で歌うことでスタートを切、それから今までの歩みの思いを歌った曲です。
聴いてください。


生れたときからきっと唄ってた 小さなアパート木漏れ日の部屋
   愛情いっぱい育てられた 悲しい別れもあったけれど
       学生になって夢を追いかけて 遠い都会 人込みの中一人きり不安だった・・・・・

・・・・・いつでもでも感謝している みんなに感謝している 貴方に捧げたい ありのままの声を
        唄うことは命の証だと知った今 
          貴方に捧げたい 揺るぎないこころを・・・・・・The Road
他人なら優しくできても 恋はエゴイスト  淋しさで抱き合うのさえも ときに臆病になるわ
   そう 街は大きな鳥籠ね みんな飛べないの

歯痒いのよその唇 キスする場所間違えてる  心の傷ならそんなとこにない
   歯痒いのよその口づけ 私の中の落とし穴  ぽっかり開いてる 孤独を塞いで・・・・・はがゆい唇

  そっとLove'n you

  陽かげりの街



みなさんこんばんわお元気でお過ごしだったでしょうか。
お二階のみなさんこんばんわ
私見えますか?わたしも二階の奥でステージを見たら小っちゃいのね、豆粒。

私のコンサート初めての方結構多いですね。
四十年近く歌っているんだけれど、これを機会によろしくお願いしますと共に、
最後まで楽しんでいってください。

今回アルバム「SOIREE」リリースしました。
このところカバーアルバムが多かったのですが、オリジナルアルバムです。
その中から聴いてください。

  Hold me Rain ~雨に抱かれて~

  目を見て語れ恋人たよ


ありがとうございます。
私もあとどのくらい歌って行けるのかわかりませんが、歌えなくなるまで頑張るからね。

バンマス・ヘンリーさんより今回のコンサートについて、最終回を迎えた感想と、
コンサートへの思いとして人々への「感謝」をテーマにしましたとの話がありました。
世界中の人々がその思いを共有していくことが、又、歌の力によっても平和の実現をかなえられるであろうことから、
多くの皆様から歌われている曲を聴いてください。

  Imagin

  明日に架ける橋

  恋ことば


テレビ朝日系の木曜日の番組「京都地検の女」で今年のエンディングソングに流れます。
「主婦の勘」の台詞の名取裕子さん主演のドラマです。
エンディング曲ですから長く流されるわけではないので、フルに歌いますから聴いてください。

  この蒼い地球のように

  桃色吐息

  LIFE


     
      ヘンリーバンドプレイ
ベルやパイプを駆使したメロディパフォーマンス

野々田万照さんからヘンリーバンドプレイについての解説。
みなさん、そう若くもないこのバンドが見た通りの肉体労働パフォーマンスをお見せしているのには、
私がバンドに参加した当時の事が理由になっています。

今と同じく前半と後半との間にすごくまじめにバンド演奏(インスツルメンタル)を聴いていただいていたんですが、
器楽演奏が好きなお客さんもいたのですが、髙橋真梨子メインのお客さんにとってはトイレ休憩となっていました。
まぁ、、見事に半分以上のお客さんが退席なさる。
その光景を見ながらヘンリーさんはじめバンドメンバーは楽器を奏でていたわけですよ。

ヘンリーバンドも髙橋真梨子コンサートの一角をも占めたい、髙橋真梨子withヘンリーバンド。
企画立案、試行錯誤の結果、ほとんどのお客さんが退席されなくなり、ヘンリーバンドプレイを見て頂けるようになりました。
目的は達成されたわけです・・・・・・ところがです。
ヘンリーバンドプレイが終わってからなぜこの私が(万照)話をしながら時間を稼いでいるか、わかりますか?

そうなんです、バンドメンバーも一年一年当たり前ですが歳を重ねてきました。
スタートからヘンリーバンドプレイ、そして後半へと休みなく続けることはきつくなってきたのです。
そろそろ高齢メンバーからOKのサインが出ましたので後半のステージを開演しましょう。


  Frustration

  Painter kara ~アグリジェントに戻りたい

  Feliz

  ありがとう

  無伴奏

  for you



      アンコール


  ジョニーへの伝言

  グランパ



ありがとうございました。
ヘンリーバンド紹介しますね。

ドラムス・・・・・山下政人
ギター・・・・・藤井晴稔
ベース・・・・・小川真司
キーボード・・・・・小松崎純
パーカッション・・・・・北沢マロ
サックス・・・・・野々田万照
コンサートマスター・・・・・宮原慶太
プロデューサー・・・・・ヘンリー広瀬


  ごめんね

  The Road


コンサートに来ていただいた方、ペーパームーンの方から年々、日々、歌ってくださいと言われます。
私もそれに向かって行きたいと思います。
頑張るという言葉は私の性格からあまり好きではありませんが、ケセラセラ頑張る。
よろしくお願いしますね。
本日はどうもありがとう
またお会いできる日を楽しみにしています。
確かなことは解らない ただ刻む砂時計   なぜ今ここに二人が居るの 不思議な夜ね
           もしも貴方の想い出が 変わってたとしても   もう別の人生だと 諦めたあの頃

for you  just you   陽ざしを止めて 少し眩しい
      瞬間は矢の様に ふいに訪れた 貴方も連れて   my love・・・・・貴方が生きたLove song 
 
  流れる

  Come Prima ~出逢った頃の様に~

  時間よ止まれ

  鷲と鷹

  空に星があるように

  君の海に

  桃色吐息

  ごめんね

  教会へ行く

  ジョニーへの伝言

  for you



       ヘンリーバンドプレイ  


  ハッピーエンドは金庫の中

  真っ白いシャツ lonely gairl lonely boy

  ブルーシャトウ

  息もできないキスをして

  虹の水

  グランパ

  フレンズ



       アンコール


  人間の証明のテーマ

  not so bad

  海色の風 ~君住む場所へ~
   


ありがとうございました。
来年のコンサートでも皆様にお会いすることを楽しみに頑張っていきたいと思います。




白のノースリーブで、引きずるようなテールスカートで登場しました。
エレガント観を醸し出す衣装です。

ところで、今年のツアーからヘンリーバンドのメンバーが変わりました。
ベース担当が岡田治郎さんから小川真司さんへ。
脱退の理由はわからないが、真梨子さんのコンサートにべったりのヘンリーバンドから離れたかったのでしょうかね。
自由な環境でベース活動をしたくなったのかも知れませんね。

師弟関係にある平原綾香(洗足学園音楽大学)にも力を貸そうとしているようですし、
平原綾香の方向性にも助言をしているとも聞くし、多くの人たちとセッションをこなしているともいう。
ますますの力量を求めているのでしょうか。
(*追記  平原綾香コンサートでバックバンドのベースを担当していた。
バンドの中ではマスター的な感じがした。)

後半の衣装は黒ドレスに変わって、短めなフェザー調のティアードスカートで活発な少女の様で可愛い。
で、「息もできないキスをして」が終わると足早に上手に消えた後、長いインストルメント演奏があり再登場。
先ほどとは打って変わったギャザーをあしらったロングスカート。
アンコールを含めると4回の衣装替えで、頑張りました。
因みに、アンコールはツーピースのパンツ姿でお目見え。

あぁ この町は 歴史ごとはかなく  そう 恋さえもささいだと言っている
  あぁ それはいや 語らせて少しは  そう あの人の哀しみも癒させて

愛に染まることをどこかで恐れていた 
  伏し目がち そんなひと 今はいとしい・・・・・・流れる

  遥かな人へ

メドレー

  ジョニーへの伝言  五番街のマリーへ  デイブレイク  ハート&ハード ~時には強く時には優しく~
  アフロディーテ  はがゆい唇  桃色吐息

  not so bad

  迷い鳩のように

  my heart New york City

  Unforgettable

  Smile




  ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら

  多重人格

  星の流に

  万華鏡 ~without you~

  オレンジ

  真っ白いシャツ ~Lonely girl Lonely boy

  for you




  ごめんね

  目を見て語れ恋人たちよ

  グランパ

  far away
セットリスト

貴方行きの風にサラサラゆれて 流されてしまうかるい胸騒ぎ
   かわいい女に生まれ変わって 貴方とキスしてる夢を見るこの頃
・・・・・・・そのまま待ってて貴方に帰る日まで そっと・・・・Lovin'you  ・・・・・・ そっと・・・Lovin'you

  Come Prima~出逢った頃のように

  遥かな人へ

  old time jazz

  無伴奏

  桃色吐息

  貴方の空を翔びたい

  はがゆい唇

  枯れない花

  教会へ行く  

ありがとうございます。
聴いていただいた曲は「教会へ行く」という楽曲でペドロ&カプリシャスのシングルのB面に収録されたもので、
A面は「五番街のマリーへ」
教会に行くは、歌ってほしい曲のリクエストで根強い支持のある曲で、今回のコンサートに加えてみました。
「ジョニーへの伝言」「五番街のマリーへ」と同じ阿久悠さんと都倉俊一さんによる楽曲です。
これからも古い歌、懐かしい歌など、団塊の世代と一緒に歩んできた美しい曲を歌って行きたいとおもっています。
で、次に聴いていただく曲は、サイモン&ガーファンクルの知られた楽曲、聴いてください。

  明日に架ける橋

  いっそセレナーデ



    ヘンリーバンドプレイ
パイプを使った音響パフォーマンス(顔塗のブルーマンの様な)と、ドラムを駆使したリズムオアフォーマンス


  時の過ぎゆくままに

  ラストメール

  Painter~アグリジェントに戻りたい

  オレンジ

  ハッピーエンドは金庫の中

  ごめんね

  for you



    アンコール


  彼女

ありがとうございます。
コンサートを一緒にやってきた仲間、ヘンリーバンドメンバー紹介します。

ドラムス・・・・・山下政人

ギター・・・・・藤井晴稔

ベース・・・・・岡田治郎

パーカッション・・・・・北沢マロ

キーボード・・・・・小松崎純

サックス・・・・・野々田万照

コンサートマスター・・・・・宮原慶太

プロデューサー・・・・・ヘンリー広瀬

コンサートマスター・宮原慶太の楽曲から


  コバルトの海

  グランパ

  海色の風~君住む場所へ~



次も、次も、歌える限り続けていきたいと思っています。
また会えるよう皆さんお元気でー






コンサートツアー 2009 
東京国際フォーラム ~No Reason~


2009年7月24日






コンサートツアー 2010 
宇都宮文化会館~Sing it !~


6月4日



髙橋真梨子

コンサートへ

東京国際フォーラム 2005

宇都宮文化会館 2006
東京国際フォーラム 2006

川口総合文化センター 2007
東京国際フォーラム 2007

川口総合文化センター 2008
東京国祭フォーラム 2008

東京国際フォーラム 2009
東京国際フォーラム 2009

宇都宮文化会館 2010
東京国際フォーラム 2010

東京国際フォーラム 2011
東京国際フォーラム 2011

川口総合文化センター 2012
東京国際フォーラム 2012

川口総合文化センター 2013
東京国際フォーラム 2013


髙橋真梨子その2

ページトップへ




コンサートツアー 2007 
川口総合文化センターリリア~優美彩唱~


6月21日





コンサートツアー2006 宇都宮文化会館~fiesta~


10月22日





コンサートツアー2005 東京国際フォーラム ~戯れの季節を残して~

11月20日
ページトップへ
ページトップへ





コンサートツアー 2011 
東京国際フォーラム ~SOIREE~


7月30日
ページトップへ




コンサートツアー 2008 
東京国際フォーラム~Swing Heart~


   35th anniversary


2008年11月24日





コンサートツアー 2008 
川口総合文化センターリリア~Swing Heart~


   35th anniversary


2008年5月18日

ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ




コンサートツアー 2013 
東京国際ホーラム~Premium 40  forty~


11月24日
川口リリア 搬入口 ツアーバン 
復元 東京駅夜景
薄暮の東京駅
ウィングドーム彫刻
ウィングドーム天井




コンサートツアー 2012 
川口総合文化センター ~Re:So fine


9月12日
雨のフォーラム広場




コンサートツアー2006 東京国際フォーラム~fiesta~


11月23日
確かなことは解らない ただ刻む砂時計   なぜ今ここに二人が居るの 不思議な夜ね
           もしも貴方の想い出が 変わってたとしても   もう別の人生だと 諦めたあの頃

for you  just you   陽ざしを止めて 少し眩しい
      瞬間は矢の様に ふいに訪れた 貴方も連れて   my love・・・・・貴方が生きたLove song 
 
  流れる

  Come Prima ~出逢った頃の様に~

  時間よ止まれ

  鷲と鷹

  恋人

  君の海に

  桃色吐息

  ごめんね

  教会へ行く

  ジョニーへの伝言

  for you



       ヘンリーバンドプレイ  


  ハッピーエンドは金庫の中

  真っ白いシャツ lonely gairl lonely boy

  ブルーシャトウ

  息もできないキスをして

  虹の水

  グランパ

  フレンズ



       アンコール


  人間の証明のテーマ

  not so bad

  海色の風 ~君住む場所へ~

陽かげりの街には今日も ゆきずりの愛にだれか泣き 
   はぐれ鳥 帰るとき 空は悲しみ色に どうぞすぐに帰ってください 貴方
      私の心に・・・・・・陽かげりの街

  桃色吐息 
 

一階の皆様こんばんわ、二階の皆様こんばんわ、私のコンサートにお出で頂きありがとうございました。

  出逢った頃のように  

  迷い鳩のように  

  時間のそよ風  

  はがゆい唇


私の大好きなザ・ピーナッツの楽曲から、メドレーで四曲お聞きください。

  恋のフーガ  

  可愛い花  

  ウナ・セラ・ディ東京 

  恋のバカンス  


  アイリッシュ・プレリュード



  ダニー・ボーイ  

  時の過ぎゆくままに
  
  淡き恋人  

  ラスト・メール  

  浪漫詩人  

  ハッピーエンドは金庫の中  

  for you


      アンコール

  フレンズ  グランパ

皆さん楽しんでいただけましたか? ありがとうございます。
コンサートのパートナーであるヘンリーバンドメンバーを紹介します。

コンサートマスター:宮原慶太  ドラムス:山下政人  ギター:藤井晴稔  ベース:岡田治郎  キーボード:小松崎純
パーッカッション:北沢マロ  サックス:野々田万照  プロデューサー:ヘンリー広瀬

  ごめんね  

  far away
髙橋40年 
クリスマス 装飾イベント
復元前の東京駅




コンサートツアー 2012 
東京国際フォーラム ~Re:So fine


11月18日

セット・リスト





コンサートツアー2007 
東京国際フォーラム~優美彩唱~


11月22日






コンサートツアー 2011 
東京国際フォーラム ~SOIREE~


11月23日






コンサートツアー 2010 
東京フォーラム~Sing it !~


11月21日

楽屋口のツアートラックバン
セット・リスト

思い出が凍る パーティーの夜が終わる
   貴方の指が離れてゆくわ

真夜中のマスカレード
   くちづけた窓にそっと 
甘い傷跡彩るだけね・・・・・TEAR

  桃色吐息

  蜃気楼

こんばんわ お二階の皆様こんばんわ
No Reasonには多くのアーティストの曲がカバー収録。
その中から何曲か聴いてください。
初めは加山雄三さんの楽曲から

  君といつまでも

  恋心

  サヨナラCOLOR


歌ってもらいたい曲、リクエストありましたら?
沢山いただきました中からロビンソンセレクトです。
この歌は音域が広いので難しい曲ですが、頑張る。

  ロビンソン

ペドロ&カプリシャス時代の中から3曲とはがゆい唇
メドレーで聴いたください

  別れの朝  陽かげりの街  ジョニーへの伝言  はがゆい唇

  涙もろいペギー

  遥かな人へ

  無伴奏



    ヘンリーバンドプレイ
万照さんがデッキブラシを持って登場、で、一芝居打ってからメンバーの登場です。
メンバーの体制が整うまでのプロローグを引き受けたのでしょう。
無伴奏はサックスの出番がない曲でしたからね。
場所の設定は補修、清掃機具の倉庫。
そこに置かれたゴミ箱や脚立等の備品を使用してのリズムパフォーマンス。


  勝手にしゃがれ

  ラストメール

  CLORIA

  浪漫詩人

  not so bad

  グランパ

  for you



   アンコール


  ワインレットの心


ヘンリーバンド紹介です

ギター・・・・・藤井晴稔
パーカッション・・・・マロ
ドラムス・・・・・山下政人
ベース・・・・・岡田治郎
キーボード・・・・・小松崎ジジイ(純)
サックス・・・・・野々田万照
コンサートマスター宮原慶太
プロデューサー・・・・・ヘンリー広瀬


  ごめんね

生きて 生きたゆきたい あなたのそばで・・・・

生きて・・生きてゆきましょう あなた・・あなたのそばで
     生きて・・生きてゆきましょう あなたのそばで

   生きて・・生きてゆきましょう あなた・・あなたのそばで
        生きて・・生きてゆきましょう あなたのそばで・・・・・・ランナー



今日は本当にありがとうございました。
皆さんに会えてとっても嬉しく、私も楽しい時間を過ごすことができました。
またお会いすることを楽しみにこれからも歌い続けていきます。
それまで皆様もお元気でお過ごしくださいますよう


深黒のドレスで登場です。
オープニングナンバーは「TEAR」
秘密を秘めた大人のアバンチュールへの希望と期待感、そして刹那さ。
続いて桃色吐息、蜃気楼、テーマに沿ったような衣装です。

カバー曲はセリフ入りの君といつまでもと恋心。
この曲はシャンソン歌手・岸洋子さんが歌ったことで、若い頃に耳にしたものである。
岸さんの曲調はヨーロピアンタンゴで「恋は不思議ね 消えたはずの・・・」の歌い出しで、
女性としては低音域が充実した高調波を多く含む歌声だった。

歌詞は異なっていたが(訳詩・なかにし礼)メロディーはアップテンポのビギン調らしく聴こえて、
洗練されたバラードの高橋真梨子であった。

後半の衣装は、ちょっとアダルトな白のドレスにチェンジ。
アンコールの衣装は、カラフルでボリュウムのあるフレアーなロングドレス。

コンサートの最後に「ランナー」を配したのは私の期待に応えてくれたともおもえる。
周りに遠慮をしながら真梨子さんと合唱したのは歌の最後のフレーズ。
聞くに耐えられないような濁声で迷惑をかけたと思っている。


東京国際フォーラム中庭
丸の内中通り クリスマスイルミネーション
セットリスト

  流れる・・・・

  遥かな人へ


  メドレー
  ジョニィへの伝言  五番街のマリーへ  デイブレイク  アフロディーテ  はがゆい唇  桃色吐息

  my Little Song

  not so bad

  迷い鳩のように

  my heart New York city


   
    ヘンリーバンドプレィ


  ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら

  多重人格

  星の流に

  万華鏡 ~without you~

  オレンジ

  真っ白いシャツ

  for you

  ワンダフルナイト



    アンコール


  ごめんね

  目を見て語れ恋人たちよ

  グランパ

  thanks
セットリスト

貴方行きの風にサラサラゆれて 流されてしまうかるい胸騒ぎ
   かわいい女に生まれ変わって 貴方とキスしてる夢を見るこの頃
・・・・・・・そのまま待ってて貴方に帰る日まで そっと・・・・Lovin'you  ・・・・・・ そっと・・・Lovin'you

  Come Prima~出逢った頃のように

  遥かな人へ

  old time jazz

  無伴奏

  桃色吐息

  貴方の空を翔びたい

  はがゆい唇

  枯れない花

  教会へ行く

  明日に架ける橋

  いっそセレナーデ



   Henry Band Play


  時の過ぎゆくままに

  フレンズ

  蜃気楼

  Painter~アグリジェントへ戻りたい

  オレンジ

  ごめんね

  for you


    アンコール

  とまどい小夜曲

  コバルトの海

  グランパ

TV収録画面より ステージ上には髙橋ユミ(妹)、バックに映しだされた髙橋エミ(姉)のザ・ピーナッツ
国際フォーラム
高梨子隧道
中央郵便局
内堀 日比谷方面を望む
桔梗濠と巽櫓
アイルランドへと結ばれる船 抱いたっていい河は流れる
   どこにもないこころあなたを求めてる まっさらになれたらそばに行けるのかと
      欲しがって集めたきれいな宝石も あいしあうときは邪魔になる・・・・・・可笑しなしあわせ  

  はがゆい唇  

  淡き恋人


  はがゆい唇  

  淡き恋人


こんばんわ お越しくださってうれしいです。
この会場は私には大きすぎてね、お客さんとの距離も遠いですものね。
そんな条件の中ではありますが最後まで楽しんでくださいね。

  とまどい小夜曲  

  crazy for you~愛しすぎて~  

  ごめんね


ヘンリー広瀬さん
髙橋真梨子さんに歌ってもらいたい曲リクエストありますか?
(会場からいろいろ声がかかるが特別のサプライズではないらしい)

  オレンジ  

  彼女  

  桃色吐息 


サックス四本でグレンミラーサウンドをお聴きいただきます。
(ベースの岡田治郎 旦那のヘンリー広瀬 キーボードの小松崎純 本職の野々田万照)

  ペンシルバニアー6-5000 

  you'd be so naice to come home to

  my Singer


   ヘンリーバンドプレイ 

あるアメリカ都市の荒れ果てた下町に鼓舞するがごとく「星条旗よ永遠なれ」が流れている。
それに応えるようにメンバーによる「ドラムショー」が展開された。

  evere time feel your heart  

  哀愁の島  

  soy cantante  

  Heart Breaker~波紋の渦~  

  そばにきて  

  グランパ


    アンコール

  涙の街角  

  僕の嘘  

  for you


ありがとうございました またお会いすることを楽しみにしています。

国道の標識 高梨子橋
旧都庁址に立つ太田道灌像
東京駅 復原するという
東京観光の拠点