作物名 しゅんぎく
科 族 目 きく科きく属
原産地方 地中海沿岸
作物特性 K、Ca、鉄、銅、ビタミンA(βカロテン)、Bアナイシン葉酸群、C、E、K、食物繊維を多く含む
栽培特性 カリウム:ナトリウムを対外に排出する効果のあるところからそれに伴う血圧の低下など生活習慣病予防に寄与
カルシウム:体を支える骨格や歯などを構成する重要なミネラルで不足すると骨の弱体を招く
鉄:赤血球を構成するヘモクロビンの成分で体内に酸素を供給する重要な働きがあり不足すると貧血症になる
銅:赤血球を作るのに触媒としての作用があり、鉄とのバランスの取れた摂取が必要
ビタミンA、(βカロテン)は視神経を活発化するとともに美肌にも効果があるといわれている
カロテンは色素成分で活性酸素を阻害する抗酸化作用があり、生活習慣病予防や免疫を強化する働きがある
ビタミンBアナイシン葉酸群はブドウ糖、脂肪、タンパク質を効率よく熱に換えたり、細胞の増殖に重要な働きをしている
葉酸は造血作用に働いて健全な血液を作り出す
ビタミンCは抗酸化作用があり活性酸素の増加を防ぎ抗癌作用があるといわれている
ビタミンEは抗酸化作用があり、活性酸素を押さえ老化や悪玉コレステロールによる血管障害など生活習慣病の予防
ビタミンKは血小板の働きを助けたり造骨作用を活性化し、骨粗しょう症の改善や予防の働きがある
食物繊維は主に消化器官を適切な状態に保つと共に、それによって各種の生活習慣病の予防に寄与している
栽培、収穫期間も自由度が高く栄養価(特にβカロテン、ビタミンK)の高い
周年栽培が容易で、連作障害が出にくい
品種等 大葉春菊、中葉春菊、株張り中葉春菊、サラダ用春菊
生育土壌 pH6〜6.5 水持ち良く通気性がある
播種時期 周年(加温、無加温ハウストンネル栽培)
植付時期 適宜
発芽地温 15〜25℃
生育温度 15〜25℃
収穫時期 適宜
保存方法 適湿常温 適湿冷蔵
しゅんぎく 単位は上段を除き100g当りmg(mg/100g) 日本食品標準成分表より
構成物質 熱量(Cal) 水分g タンパク質g 脂質g 炭水化物g 灰分g
摂取目安 2500 60 70 400
生・葉 22 91.8 2.3 0.3 3.9 1.4
ゆで・葉 27 91.1 2.7 0.5 4.5 1
無機質 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン
摂取目安 4000≧ 2500 1000 350 1000 10 10 1 4
生・葉 73 460 120 25 44 1.7 0.2 0.1 0.4
ゆで・葉 42 270 120 24 44 1.2 0.2 0.12 0.49
ビタミン A(カロテン) A(レチノール) B1 B2 ナイアシン B6 B12 C D
摂取目安 0.7 1.5 1.5 15 1.5 0.0024 100 0.005
生・葉 4.5 0.38 0.1 0.16 0.8 0.13 0 19 0
ゆで・葉 5.3 0.44 0.05 0.06 0.4 0.06 0 5 0
ビタミン E K 葉酸 パントテン酸
摂取目安 10 0.07 0.25 7
生・葉 1.8 0.25 0.19 0.23
ゆで・葉 2.1 0.46 0.1 0.13
脂肪酸 飽和 1価不飽和 多価不飽和 コレステロール
摂取目安 750≧
生・葉 20 10 100 0
ゆで・葉 40 10 170 0
食物繊維 水溶性 不溶性 食塩相当 硝酸窒素
摂取目安 25000 10(g)≧
生・葉 800 2400 3400 200 300
ゆで・葉 1100 2600 3700 100 200
摂取目安 : 普通活動成人男子の目安 (女子、少年、活動状態により加減)
病気 適用薬剤 殺菌剤ページへ
土壌障害 土壌消毒(クロルピクリン等) 輪作 親苗の健全採苗 地下水位を下げる 
灰色かび病
斑点細菌病 Zボルドー水和剤 
菌核病
疫病
炭疽病 ストロビーフロアブル
軟腐病 Zボルドー水和剤 
褐斑細菌病 Zボルドー水和剤
黒星病
うどんこ病 カリグリーン
べと病 Zボルドー水和剤 アリエッティ水和剤
褐斑病
つる枯病
白さび病
さび病 カリグリーン
白斑病
黒斑病
黒腐病 Zボルドー水和剤 
果実陥没病
果実汚斑細菌病
花蕾腐敗病
株腐病
根こぶ病
茎枯病
苗立枯病
斑点病
害虫 適用薬剤 殺虫剤ページへ
ハダニ類
タバココナジラミ
オンシツコナジラミ
ハスモンヨトウ
ヨトウムシ トアローCT エスマルクDF 
コナガ トアローCT エスマルクDF 
アオムシ トアローCT エスマルクDF 
オオタバコガ エスマルクDF
シロイチモジヨトウ アファーム乳剤
アブラムシ類 アルバリン顆粒 
ネグサレセンチュウ
ネコブセンチュウ
アザミウマ類 アファーム乳剤
ミナミキイロアザミウマ
ミカンキイロアザミウマ
ハイマダラノメイガ
ハモグリバエ類 アファーム乳剤
ナメクジ カタツムリ類
コガネムシ類幼虫
ネキリムシ
ケラ ネキリムシ類
キスジノミハムシ
カブラハバチ







トップページへ

栽培と病害虫ページへ

家庭菜園写真集へ  






栽培とメモ帳

病気写真

害虫益虫写真



しゅんぎく

2/6

2/21

4/14

4/23

5/8

5/29

6/29

2007年栽培 春まき

2月6日
  種まき

2月21日
  発芽 モグラの被害

4月14日
  成長が緩慢

4月23日
  ようやく青みが増す

5月8日
  気温が上がり急激に草丈伸びる

5月29日
  収穫最盛期

6月29日
  出蕾 収穫期間約50日







栽培とメモ帳







病気写真







害虫益虫写真

関東地方では大葉種のなじみは少ないのですが、鍋物には大葉種が最適と思います。
春菊は殻がかたく発芽率はよい方ではありませんので、欠株を防ぐには厚めに播種します。
移植ができるので蒔き床にばらまきして移植育苗するか、連結ポットで育苗して定植します。

直播するときは約3p幅の蒔き溝を作り、溝底を木材などで均一になるように押し、種のもぐりこみを防ぎます。
その後1p覆土し軽く鎮圧し、目の細かいジョロか65%以上の遮光ネットを介して灌水します。
新聞紙や不織布をかけ、発芽まで摘湿を保ちます。


種まきの前に灌水するときは蒔き溝位置を湿らせてから1日置いて同様に蒔き溝を作ります。
灌水後に蒔き溝を作ると溝底の成形が多水分で煉り状態になりやすく、結果通気の悪い溝となることもある。
覆土の土は赤玉土細粒やフルイで篩った湿り気の少ない土を使い、軽く灌水します。

早春まき、春まき、初秋まきが育てやすく病害も少なく育ちも順調です。
春まきは生育の適温で栽培しやすく、柔かで且つ歯ごたえもある良いものができました。
ただし、温度上昇、日長により花芽ができ短時間の収穫期間に終わることもあります。


春菊の花は綺麗なので切り花として楽しむこともできますが、
茎が弱く水の吸い上げが悪くなるのが早いので花瓶の水は新鮮であることが必要です。
水替えと同時に切り口の再生をしておくと花持ちがよくなります。

晩秋蒔きは冬季の防寒が必要ですが、不織布1枚くらいの簡単なベタ掛けか、風が強い場所ではトンネル掛けをします。
又、直まきでは発芽しませんのでビニール2重トンネルで種まき、育苗し出きるだけ早く定植します。


収穫は大葉種、中葉種とも抜き取り収穫と摘み取り収穫ができ、摘み取り収穫では脇芽を伸ばして5回ぐらい収穫できます。
摘み取り収穫の株間は20p以上とり、長期の収穫を目指し、同時に株元の通気を確保し病害虫の発生を抑制します。

夏季の収穫は若採りを心がけ、病害虫の観点からも株を圃場に長く置かないように早めの収穫を目指します。

炭疽病 (糸状菌)

葉枯病 (糸状菌)

葉枯病

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ