12/25

12/29

12/11

ショウガツナTOPへ

3/31  とう立ち

3/31  花芽の収穫

10/4

11/13

11/24

種まき 1

種まき 2

1/16

発芽揃い悪い 2

1/23

2007 年栽培無し

潟gーホク

特徴  (裏説明のまま)

お正月の雑煮の中に入れるところから「正月菜」となったものと思われます。
冬の寒さに強く、年を越すと甘味が増し風味があります。
小松菜に似た長卵型の葉で、表面に照りがあり濃い緑色です。
作り方は簡単で無農薬で作れます。

年内に大株にならないよう9月から10月中旬と遅まきし、
寒さにあわせてからの収穫となります。
うね巾60cm位で5cm巾にばらまきし、薄く土をかけて上から押さえます。
芽が出て込んでいるところは早めに間引きします。
肥料は1平方メートル当り最初に堆肥2.5kg、石灰100g、化成80gを施します。
うねの北側を高くして、苗に直接寒風が当たらないようにすると越冬が容易です。

10/18

11/7

種まき 発芽

12/30 正月菜

(株) アタリヤ農園

潟gーホク

11/30

12/17

定植圃場 防寒

12/18

11/30

11/24

農園収穫祭出品



正月菜

家庭菜園写真集へ

2007年    2008年
2010年    2018年





ショウガツナTOPへ

ショウガツナTOPへ

11/9

10/27 発芽悪くまき直し

10/13 種まき

特性 (裏説明のまま)

お正月の雑煮に欠かせない菜として利用されるコマツナに一種です。
その他にもお浸し、漬物などにも利用される栄養豊富で重宝な菜です。
寒さにも強く、冬季を除き種まきが出来て生育も早い。

種まきは冬季を除けば、ほぼ周年可能です。
畦幅50p位に条まきします。
種まき後50日後位から成長したものから順次収穫します。
肥料は種まき前に堆肥を充分施し、化成肥料と石灰を元肥に施します。

種は一度に全部まかず順次まくと、いつでも新鮮な菜が収穫できます。
また、収穫は生長した株から間引きをしながら収穫します。
気温が下がってきたら、ポリフィルムなどでトンネルをかけ保温すると生育が早まります。
収穫適期は30〜40日位から間引き収穫が可能です。

柔らかな葉は雑煮、おひたし、煮食、漬物に色々な味わいが楽しめます。

ショウガツナTOPへ





ショウガツナ 2010





ショウガツナ 2008

12/31

12/31

この日のために出番です

2/18  越冬中

ショウガツナTOPへ

4/8

4/8

4/8

白サビ病 葉表と葉裏





ショウガツナ 2007






ショウガツナ 2018

4/11

栽培実績無くとう立ち 2

2/12