正月菜





ショウガツ菜 2007

特徴  (裏説明のまま)

お正月の雑煮の中に入れるところから「正月菜」となったものと思われます。
冬の寒さに強く、年を越すと甘味が増し風味があります。
小松菜に似た長卵型の葉で、表面に照りがあり濃い緑色です。
作り方は簡単で無農薬で作れます。

年内に大株にならないよう9月から10月中旬と遅まきし、
寒さにあわせてからの収穫となります。
うね巾60cm位で5cm巾にばらまきし、薄く土をかけて上から押さえます。
芽が出て込んでいるところは早めに間引きします。
肥料は1平方メートル当り最初に堆肥2.5kg、石灰100g、化成80gを施します。
うねの北側を高くして、苗に直接寒風が当たらないようにすると越冬が容易です。

潟gーホク

正月菜TOPへ

正月菜

家庭菜園写真集へ

2007年    2008年
2010年




ショウガツナTOPへ

2007 年栽培無し





ショウガツ菜 2008

1/16

12/18

11/30

11/24

10/4

11/13

11/24

種まき 1

種まき 2

農園収穫祭出品

発芽揃い悪い 2

1/23

2/12

4/8

4/8

4/8

4/11

栽培実績無くとう立ち 2

白サビ病 葉表と葉裏





ショウガツ菜 2010

正月菜TOPへ

潟gーホク

10/18

11/7

11/30

12/17

種まき 発芽

定植圃場 防寒

12/31

12/31

この日のために出番です

2/18  越冬中

3/31  とう立ち

3/31  花芽の収穫

正月菜TOPへ