のざわな







トップページへ

栽培と病害虫ページへ

家庭菜園写真集へ  






栽培とメモ帳

病気写真

害虫益虫写真

作物名 のざわな
科 族 目 あぶらな科あぶらな属
原産地方 日本
作物特性 K、Ca、ビタミンA(βカロテン)、Bアナイシン葉酸群、C、K、食物繊維を多く含む
栽培特性 カリウム:ナトリウムを対外に排出する効果のあるところからそれに伴う血圧の低下など生活習慣病予防に寄与
カルシウム:体を支える骨格や歯などを構成する重要なミネラルで不足すると骨の弱体を招く
食物繊維は主に消化器官を適切な状態に保つと共に、それによって各種の生活習慣病の予防に寄与している
ビタミンA、(βカロテン)は視神経を活発化するとともに美肌にも効果があるといわれている
カロテンは色素成分で活性酸素を阻害する抗酸化作用があり、生活習慣病予防や免疫を強化する働きがある
ビタミンBアナイシン葉酸群はブドウ糖、脂肪、タンパク質を効率よく熱に換えたり、細胞の増殖に重要な働きをしている
葉酸は造血作用に働いて健全な血液を作り出す
ビタミンCは抗酸化作用があり活性酸素の増加を防ぎ抗癌作用があるといわれている
ビタミンKは血小板の働きを助けたり造骨作用を活性化し、骨粗しょう症の改善や予防の働きがある
硝酸態窒素の残有が高いので流失が多い調理方法を選ぶとよい
品種等 野沢菜
生育土壌 pH6〜6.5 水持ち良く通気性がある
播種時期 9月
植付時期 9月〜10月(育苗)
発芽地温 15〜25℃
生育温度 15〜25℃
収穫時期 11月〜12月
保存方法
のざわな 単位は上段を除き100g当りmg(mg/100g) 日本食品標準成分表より
構成物質 熱量(Cal) 水分g タンパク質g 脂質g 炭水化物g 灰分g
摂取目安 2500 60 70 400
生・葉 16 94 0.9 0.1 4.1 2.4
塩漬け 18 91.8 1.2 0.1 5.4 3.2
無機質 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン
摂取目安 4000≧ 2500 1000 350 1000 10 10 1 4
生・葉 24 390 130 19 40 0.6 0.3 0.05 0.23
塩漬け 610 300 130 21 39 0.4 0.3 0.05 0.13
ビタミン A(カロテン) A(レチノール) B1 B2 ナイアシン B6 B12 C D
摂取目安 0.7 1.5 1.5 15 1.5 0.0024 100 0.005
生・葉 1.2 0.1 0.06 0.11 0.5 0.06 0 41 0
塩漬け 1.6 0.13 0.05 0.11 0.5 0.08 0 27 0
ビタミン E K 葉酸 パントテン酸
摂取目安 10 0.07 0.25 7
生・葉 0.5 0.1 0.11 0.17
塩漬け 0.7 0.11 0.064 0.13
脂肪酸 飽和 1価不飽和 多価不飽和 コレステロール
摂取目安 750≧
生・葉 - - - 0
塩漬け - - - 0
食物繊維 水溶性 不溶性 食塩相当 硝酸窒素
摂取目安 25000 10(g)≧
生・葉 500 1500 2000 100 400
塩漬け 200 2300 2500 1500 400
摂取目安 : 普通活動成人男子の目安 (女子、少年、活動状態により加減)
病気 適用薬剤 殺菌剤ページへ
土壌障害 土壌消毒(クロルピクリン等) 輪作 親苗の健全採苗 地下水位を下げる 
灰色かび病
斑点細菌病 Zボルドー水和剤 
菌核病
疫病
炭疽病
軟腐病 Zボルドー水和剤 
褐斑細菌病 Zボルドー水和剤
黒星病
うどんこ病 カリグリーン
べと病 Zボルドー水和剤 ダコニール1000 ストロビーフロアブル
褐斑病
つる枯病
白さび病 ダコニール1000 カリグリーン リドミル粒剤 ユーバレン
さび病 カリグリーン
白斑病 ダコニール1000
黒斑病 ダコニール1000
黒腐病 Zボルドー水和剤 
果実陥没病
果実汚斑細菌病
花蕾腐敗病
株腐病
根こぶ病 フロンサイド粉剤 ネビジン粉剤
茎枯病
苗立枯病
斑点病
害虫 適用薬剤 殺虫剤ページへ
ハダニ類
タバココナジラミ
オンシツコナジラミ
ハスモンヨトウ アファーム乳剤
ヨトウムシ トアローCT アファーム乳剤 エスマルクDF 
コナガ アファーム乳剤 トアローCT エスマルクDF カスケード乳剤
アオムシ アファーム乳剤 トアローCT エスマルクDF カスケード乳剤
オオタバコガ エスマルクDF
タマナギンウワバ
アブラムシ類 アルバリン顆粒 オルトラン水和剤 モスピラン水溶剤
ネグサレセンチュウ
ネコブセンチュウ
アザミウマ類 アファーム乳剤
ミナミキイロアザミウマ
ミカンキイロアザミウマ
ハイマダラノメイガ アファーム乳剤
ハモグリバエ類 アファーム乳剤
ナメクジ カタツムリ類
コガネムシ類幼虫
ネキリムシ ネキリトンK
ケラ ネキリムシ類 ダイアジノン粒剤
キスジノミハムシ ダイアジノン粒剤 モスピラン水溶剤
カブラハバチ

2008年栽培

10月3日
  種まき

10月18日
  発芽10日目

11月13日     12月3日
  生育中

12月13日
  収穫

12月14日
  1晩乾燥 洗い漬け込み

2009年2月4日
  野沢菜漬け







栽培とメモ帳







病気写真







害虫益虫写真

冬の漬菜として、信州土産として周年販売されている野菜です。
野沢菜の漬物は大部分が信州内の製造・販売となっているが、野沢菜本体は国内移動により周年土産として
周年販売されているため産地は信州とはかぎらないので、条件さえ合えば何処ででも栽培できます。
冬の四国地方、夏の東北北海道中央高地など栽培されているのか判らないけれど、可能性はあり。?

因みに信州名産、信州土産として人気?のある海産物に「塩いか」がありますが、
製造、販売は全量福井県で請け負っているらしい。
塩いかとは、いかをボイルした後に塩漬けした非常に塩辛いもので、
当然塩抜きをしたのちに食するものです。


この塩いかは夏の食材であるために、このような保存状態で山国に運ばれた古の名残でしょうか。
夏の食材の相手とは当然夏野菜で、キュウリ、ナス、トマトや、香味野菜のシソなどである。
夏の塩分摂取を味よく取るのに適したものと思われます。

関東内陸部の栽培は12月中旬〜下旬に収穫できるように種まきするとよいと思います。
茎葉を食するため病気葉や虫食い葉は適さないので、収穫期間を短くし防虫対策を施します。
直まき、育苗定植どちらでも栽培可能ですが、連結ポット50セルくらいに2粒たねまきが栽培しやすいです。


霜に2〜3回あわせた後草丈50cm位の中株で収穫し、かぶを切断した後一晩広げておきます。
収穫直後に洗浄すると茎が折れやすく又茎の間に入っている土が取れにくいです。
適当に数株まとめて紐などで茎元を縛り、株切断部に#状に切込みをいれ揉む様にして洗うと容易く土が落とせます。
茎が太くなると漬けたあとの食感が良くなく、塩味も廻りにくく、見た目のバランスもいただけません。


カブの仲間なので形のよいかぶがありましたら根を取り薄切りにして漬けても独特の辛味、甘味があり珍味?です。
3月にはいると発酵が進みあめ色と同時にすっぱさも増してきますので、油で炒めると少し長く保存できます。

ニセダイコンアブラムシ

ハスモンヨトウ

蛾類幼虫 繭作り

キスジノミハムシ食害痕

ミツバチ (益虫)

モザイク病 (ウィルス)

白班病 (糸状菌)

べと病 (糸状菌)

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ

炭疽病? (糸状菌)

べと病

黒斑病 (糸状菌)