ニラ 2005

8/12

8/25

9/14

特性 (裏説明のまま)

極濃緑色の厚肉葉で、立性の草姿で非常に美しい。
葉幅は、広幅で1.2p以上になり、収穫後期でも狭まりがなく、安定して秀品が得られます。
厚肉で香りと甘みが極めて強く、最高の味のニラです。
休眠がやや深く、抽苔も従来の品種よりやや早いです。

葉長は従来の品種より3〜4pほど長く、はかま(葉鞘)は長くしっかり締り、
くずれが少なく茎太です。
分けつが少ないので、定植は3〜4本で行います。
早春からの収穫では、早めに保温して、1月下旬ごろから収穫ができます。
2〜3月では生育速度も速くなり、刈取りが数日早くなります。

ニラTOPへ

4/8 一部移植

4/8 旧栽培圃場

5/8





ニラ 2014

4/15
3/30
株 アタリヤ農園
4/13

4/20

4/26

特性  (裏説明のまま)

大葉系のにらで、葉幅が広く、
厚みがあり鮮緑色の大豊産種です。
暑さ寒さに強く、
一度作れば長期間収穫も出来、
箱やプランター等どんな場所でも
手軽に作れます。
家庭菜園に好適の品種で、
栄養価の高い健康野菜の一種です。
4月 田植え用ボックスに種バラ蒔き
6月 現場所にばバラ蒔きの状態のまま移植
8月 植え付け場所は半恒久的になるので
    思案中.。縁取りを兼ねた場所に出来れば。

10/6

9/22

9/16

9/16

11/15

ニラTOPへ

ニラTOPへ

ニラTOPへ

ニラTOPへ

ニラTOPへ

8/10
8/16
9/4
9/4
定植 D区画の西側の縁に12ヶ所 倒れやすいので支柱に縛り付ける。
10/26

5/2

5/13

5/23

10/26
10/26

5/24

6/21

12/8
初収穫
40日目収穫して終了
隣のキャベツ大きくなった
収穫の後
収穫前

8/3



ニラ

4/21

5/17

5/6

6/3

2日分の成長

6/6

6/10

6/23

6/13

6/20

6/22

6/27

成長記録

害虫 さなぎ 約1cm
匂いの強いニラに
糸をかけなくてもよさそうなものを

7/4

1ヶ月での収穫 
早めの刈り取りもOK

7/15

7/15

収穫

刈り取り 若返りの為

7/25

8/26

7/31

9/21

10/2

10/7

6/4

6/30

ヨトウムシ

11/16

11/13

11/4

11/1

10/30

10/26

10/15

12/3

家庭菜園写真集へ

2005年    2006年
2007年    2008年
2009年    2010年
2011年    2012年
2013年    2014年
2015年    2016年
2017年    2018年
2019年    2020年


ニラTOPへ






ニラ 2018

ニラTOPへ

カネコ種苗(株)

3/21 種まき

3/24 穴あきトンネルと稲わら保湿
発芽後の生育不良で育苗中止 株移植圃場のみの栽培とする

8/8

7/23

5/22

ニラTOPへ





ニラ 2017

ニラTOPへ





ニラ 2016





ニラ 2015

ニラTOPへ

ニラTOPへ





ニラ 2013

ニラTOPへ





ニラ 2012

ニラTOPへ





ニラ 2011

ニラTOPへ





ニラ 2010





ニラ 2009





ニラ 2008





ニラ 2007

キャベツ収穫後の整地





ニラ 2006

5/19

5/29

5/29

7/11

7/30

9/18

11/22

11/4

10/18

10/12

9/29

味トップ

特性 (裏説明のまま)

香り、甘みが極めて強く最高の味。
幅広で1.2cm以上、濃緑、肉厚葉の充実した葉が収穫後期まで変わらない高品質です。

種まきの適期は4〜5月です。
日当たりのよい場所に石灰、堆肥、化成肥料を施しよく耕しバラまきします。
発芽後元気な株を残し株間2cm位に間引きします。
種まき後90日くらいで堀上げ4〜5本づつ20cm位の株間にまとめて定植します。
追肥は時々化成肥料か液肥を施します。

刈り取り収穫は年に4〜5回で後は葉を伸ばし株を充実させます。
春先はトンネルなどで保温すると収穫が早まります。

葉が20cmくらいに伸びたら株元から2cmを残して切り取り収穫します。
炒め物等、中国料理に適した栄養野菜です。

潟Aタリヤ農園

4/7

4/21

5/14

5/19

5/22

6/5

味トップ種まき

発芽後モグラで凸凹

前作の大葉ニラ

日当たり悪く細葉ニラ

6/12

7/12

9/14

9/14

味トップ

大葉ニラの刈り取り

味トップ 植え付けは来年春

大葉ニラ

潟Aタリヤ農園

特性 (裏説明のまま)

香り、甘みが極めて強く最高の味。
幅広で1.2cm以上、濃緑、肉厚葉の充実した葉が収穫後期まで変わらない高品質です。

種まきの適期は4〜5月です。
日当たりのよい場所に石灰、堆肥、化成肥料を施しよく耕しバラまきします。
発芽後元気な株を残し株間2cm位に間引きします。
種まき後90日くらいで堀上げ4〜5本づつ20cm位の株間にまとめて定植します。
追肥は時々化成肥料か液肥を施します。

刈り取り収穫は年に4〜5回で後は葉を伸ばし株を充実させます。
春先はトンネルなどで保温すると収穫が早まります。

葉が20cmくらいに伸びたら株元から2cmを残して切り取り収穫します。
炒め物等、中国料理に適した栄養野菜です。

味トップ

5/27

大葉ニラ抜き取り
味トップ植え付け

大葉ニラ

味トップ

8/1

7/23

6/21

6/11

10/7

9/20

9/15

9/7

3/36

6/6

7/11

10/15

7/11

9/24

9/29

4/25

5/21

6/23

7/8

7/28

8/24  花茎ともに刈り取り

9/24

10/1

10/7

10/25

4/12

4/27

縞班(条縞)が入りました

5/5

6/15

6/25

7/14

8/12  ニラの蕾

8/12  蕾の内なら食せます

9/2  花茎刈り取り

9/2  牡蠣殻散布

10/6  収穫

4/26

5/1

5/29

6/19

7/17

8/2

9/4

10/15

11/7

4/9

4/17

4/27

5/13  圃場の様子

5/22

6/10

6/24

8/4

8/16  若花茎収穫

8/24

9/1

9/13

9/26

6/9

7/9

9/19

9/20

9/27

10/17

10/27

5/20

5/6

6/3

7/13

9/6