8/22

8/13

6/27

5/23

6/20 トマトの縁

6/6 ナスの縁

4/8種蒔き 16×2
マリーゴールド一重咲き混合

8/22

7/19

7/9

8/13

6/27

6/27

6/4

6/20 ラッカセイの縁

5/4定植 とまとの傍に

4/21 発芽

4/10種蒔き

5/23

マーチオレンジ
特性 (裏説明のまま)

濃橙黄の花色、
花径5cm前後でタネを蒔いてから開花までの日数が短いことが特徴です。
草丈25cm前後、分枝旺盛でまとまりがよく花壇、鉢植えに極めて強健で作りやすい。

種蒔き時: 関東3月下旬〜6月中旬

発芽後、込み合うところは抜き取って株間を3cmほどにし、
本葉3〜4枚の頃、花壇や鉢に植え替えます。

発芽までと植え替え直後は十分水を与える。
まいたあと、小苗のときは大雨に当てないように注意します。
早蒔きは霜に注意します。
肥料は液肥を時々与えます。

花言葉:予言・事実・友情

10/21

10/1

11/25

8/22

7/8

8/13

8/4

6/27

6/20

5/6 発芽から約1週間

5/17 定植間近

4/15 種蒔き

特性 (裏説明のまま)

フレンチマリーゴールドといわれている中輪、多花性の品種です。
オレンジ、濃黄、淡黄、黄に赤の花を生育初期から次々と咲かせます。
真夏の暑い時期には一時花数が少なくなりますが、
秋になり涼しくなるとまた株一面に花が咲き、霜の降るまで咲き続けます。

子苗のときから生育旺盛で、特に病害虫も無く、
日当たりと排水の良いところならばどこでも育てられます。
箱か床に薄くばら蒔きか条蒔きとし、発芽後、
込み合ったところを間引き丈夫な苗にします。
茎の先端につぼみが小さく見えてきたら25〜30cm間隔に定植します。
肥料は基肥として窒素分の少ない化成肥料を1u当たり一握り、
牛糞堆肥を1kg程度施します。
窒素過多では葉が茂るばかりで花つきが悪くなります。
夏の乾燥期にハダニが付く他は病害虫の心配はほとんどありません。

花言葉:予言・事実・友情

ボーイオ・ボーイ

特徴 (裏説明のまま)

一重咲きは、シンプルな感じで花壇、
鉢植えにして八重咲きと異なった趣があり好まれています。
子苗の時から花が咲き、
きわめて多花性で盛夏もほとんど休むことも無く霜の降る頃まで咲き続けます。

種蒔き時: 関東3月下旬〜6月下旬

加温設備があれば早春に蒔き、
早く咲かせることが出来ますが、
一般には4月に種蒔きします。
6月から咲き出し、盛夏に一時休みますが、秋遅くまで咲き続けます。

花言葉:予言・友情・真心



マリーゴールド
 花言葉:友情・真心・予言・事実





マリーゴルド 2006

潟Tカタのタネ

潟Aタリヤ農園

潟Tカタのタネ

家庭花壇トップページへ

2006年    2007年
2008年    2009年
2010年    2012年





マリーゴールドTOPへ

土にすき込み





マリーゴールド 2007

マリーゴールドTOPへ

アイシスミックス (アフリカンマリーゴールド)

特徴と作り方 (裏説明のまま)

草丈90〜120cmの高性種。
強健で作りやすく、高温時も良く水揚げし、花もちがよいので夏の切花に最適です。
花は完全八重咲き、花径7〜8cmの大輪系で濃い黄色とオレンジ色の混合種。
側枝の伸びが良く花立ちも非常によい。

春まきで、桜の開花15日前頃から6月頃までがまきどき。
床まきか箱まきで、水はけの良い用土に均一にバラまきします。
種がかくれる程度土をかけ、発芽までは十分水遣りします。

発芽後、込み合うところは抜き取って株間を3cmほどにし、
本葉4〜5枚の頃、花壇や日当たり、水はけの良いところに定植します。

日当たりの良いところを選び日陰は不向きです。
夏の高温乾燥が続く時は、2〜3日おきに夕方に、
たっぷり水遣りすると開花期も長くなり、切花も多くなります。

潟Aタリヤ農園

8/31

8/26

8/26

8/12

7/23

7/21

6/29

6/15

6/10

5/10

5/26

6/1

種まき

前年のタネこぼれ開花

定植圃場1

茎が板状に 奇形?

開花

高性種

定植圃場2の整理前

漉き込み
緑肥とセンチュウ対策

満開





マリーゴールド 2008

マリーゴールドTOPへ

フレンチマリーゴルド (黄)

フレンチマリーゴールド (赤)

潟gーホク

潟gーホク

特徴と育て方 (裏説明のまま)

丈夫で育てやすく草丈も低い、夏花壇に最適な花です。

湿らせた土に2〜3粒づつ蒔く。
発芽までは乾燥させないように。

本葉5〜6枚の頃、日当たりと水はけの良い場所に植えます。
株間は20cm位が適当です。
花壇は石灰・腐葉土・少量の有機質肥料を施し、良く耕しておきます。
真夏ではいったん花は休みますが、涼しくなると再び咲き出します。

特徴と育て方 (裏説明のまま)

丈夫で育てやすく草丈も低い、夏花壇に最適な花です。

湿らせた土に2〜3粒づつ蒔く。
発芽までは乾燥させないように。

本葉5〜6枚の頃、日当たりと水はけの良い場所に植えます。
株間は20cm位が適当です。
花壇は石灰・腐葉土・少量の有機質肥料を施し、良く耕しておきます。
真夏ではいったん花は休みますが、涼しくなると再び咲き出します。

11/25

10/18

10/2

10/2

8/19

8/6

7/12

6/8

6/5

5/28

5/5

4/12

4/12

4/18

4/28

赤 36×2=72株

黄 36×2=72株

色々な所に定植

例えばスイカの傍

例えばトマトの傍

スイカ畑

不織布防寒の中で

ナスの傍

スイカ畑の整理後

ダイコンの傍

マリーゴールドTOPへ

1/25

種取





マリーゴールド 2009

4/18

5/7

5/7

6/25

7/11

9/2

スイカと混植

ダイコン ネギと混植

トマト ネギと混植

ダイコン ネギと混植

スイカ圃場整理

ポット育苗





マリーゴールド 2010

3/2

2/25

種まき

発芽

アフリカントール

特徴 (裏説明のまま)

キク科の1年草。
近縁で草丈の低いフレンチマリーゴルドは花壇材料として多用されます。
アフリカントールはフレンチマリーゴルドより草丈が高く、80cm程度になります。

花は大輪で美しく、黄色からオレンジ色まで花色に幅があります。
開花期が長く、夏から秋まで美しい景観を演出します。
また、野菜や花などに悪影響を与える、有害センチュウ類の減少に効果があります。

家庭菜園、プランター、庭植えに適します。
4月中旬〜6月下旬(遅霜の心配が無くなってから)日向を好みます。

すじまきやばらまきも可能ですが、移植栽培が確実です。
ジフィー7などを利用して、2粒まきします。
発芽後1本を残して切り取ります。
発芽後1ヶ月程度で、25〜30cm間隔で定植します。
定植の時はたっぷり水をやってください。
定植後2週間ほどしたら、1u当たり化成肥料を1握りほど施すと良いでしょう。

家庭菜園や庭、プランターなどに植えて美しい花を観賞します。
切り花としても利用できます。
このような栽培中も有害土壌センチュウの抑制効果を発揮します。
栽培後は鍬込んで緑肥として利用するか、刈り取って細断し、堆肥として利用します。
後作は鍬込み後1ヶ月以上たってから作付けしましょう。

潟Tカタのタネ

マリーゴールドTOPへ

マリーゴールドTOPへ

6/18

7/13

8/2

8/3

3/3

3/27

5/6

5/21

種まき

秋蒔き用ダイコン圃場マリーゴルド栽培

細断 鋤き込み前 効果はあるのか?

定植

開花 切り花利用

特徴と育て方 (裏説明のまま)

丈夫で育てやすく草丈も低い、夏花壇に最適な花です。

湿らせた土に2〜3粒づつ蒔く。
発芽までは乾燥させないように。

本葉5〜6枚の頃、日当たりと水はけの良い場所に植えます。
株間は20cm位が適当です。
花壇は石灰・腐葉土・少量の有機質肥料を施し、良く耕しておきます。
真夏ではいったん花は休みますが、涼しくなると再び咲き出します。

潟gーホク

潟gーホク

フレンチマリーゴールド (赤)

フレンチマリーゴルド (黄)





マリーゴールド 2012

4/28  黄色種まき

4/28  赤色種まき

5/4  黄色

5/4  赤色

5/21  黄色

5/21  赤色

6/7  黄色

6/12  黄色

6/25  ナス共埴

7/6  キュウリ共埴

7/23  ナス共埴

6/14  トマト共植

7/13  トマト共埴

マリーゴールドTOPへ

9/22

10/27

11/5

11/5

11/17