金太郎



マクワウリ 2007

特性 (裏説明のまま)

1果平均400g
果形は俵形で果ぞろいが良好。 果皮は橙黄色。
果肉は白色。マクワ特有の香りがあり、糖度も高く食味も良い。
生育は旺盛で、着果が安定し栽培が容易。極早生の豊産種。

発芽温度・水分条件が満たされない場合は、正常発芽しないことがあります。
低温期のタネまきでは、発芽温度を確保してください。
育苗は10.5〜12cmポットを利用し、光を十分当てて徒長を防ぎ、
育苗日数30〜35日で本葉3〜3.5枚の苗に仕上げます。
畝幅250cm、株間80cmを目安に定植します。
本葉4〜5枚で摘心して子ずる3〜4本仕立ての地這い栽培します。

着果節位は6節から着果させ、着果節位までの孫ずるは早めに除去します。
1番着果後から潅水を開始し、草勢を落とさないように注意します。
収穫前の潅水は裂果の原因になるため避けます。
収穫適期の判断は、果皮の色変わりなどを参考に行います。

マクワウリTOPへ

タキイ種苗



マクワウリ

家庭菜園写真集へ

2007年    2008年
2009年    2010年



マクワウリTOPへ

4/27

3/26

4/6

4/27

5/4

4/29

5/12

5/12

7/3

6/29

6/25

6/23

6/20

6/20

6/18

5/12

5/31

6/7

6/13

6/20

6/15

6/15

種まき

定植床

定植前苗 風雨強く大きく損傷 傷葉の取り除き

定植とマルチ張り

虫除けシルバーテープ

風防ネットで外側マルチ
畝幅3.5m

ウリハムシの成虫

畝幅を覆い尽くすツル

着果

カメムシ

うどんこ病

炭疽病

7/18

7/24

7/13

7/20

8/31

9/3

9/10

7/24

7/8

7/11

7/9

その2 熟果したタネから発芽したもの

べと病?

栽培終了

最後の収穫 全部で50果位

9/27

9/13

9/22

9/27

9/29

10/2

10/6

10/4

最後の収穫

ハスモンヨトウムシ





マクワウリ 2009

タキイ種苗

特性 (裏説明のまま)

1果平均400g
果形は俵形で果ぞろいが良好。 果皮は橙黄色。
果肉は白色。マクワ特有の香りがあり、糖度も高く食味も良い。
生育は旺盛で、着果が安定し栽培が容易。極早生の豊産種。

発芽温度・水分条件が満たされない場合は、正常発芽しないことがあります。
低温期のタネまきでは、発芽温度を確保してください。
育苗は10.5〜12cmポットを利用し、光を十分当てて徒長を防ぎ、
育苗日数30〜35日で本葉3〜3.5枚の苗に仕上げます。
畝幅250cm、株間80cmを目安に定植します。
本葉4〜5枚で摘心して子ずる3〜4本仕立ての地這い栽培します。

着果節位は6節から着果させ、着果節位までの孫ずるは早めに除去します。
1番着果後から潅水を開始し、草勢を落とさないように注意します。
収穫前の潅水は裂果の原因になるため避けます。
収穫適期の判断は、果皮の色変わりなどを参考に行います。

金太郎

5/9

5/7

4/9

3/17

3/10

5/11

10cmポットに移植

定植 手前の3株
奥はプリンスメロン

風防ネットで棚を作る

発芽

スイカ予定地のトンネル内

6/11

6/4

棚境で7節くらい

蜂は今年見たことがない

8/2

8/7

9/20

9/30

10/11

かぼちゃ台木に接木

長雨で雨除け

栽培終了 

マクワウリTOPへ