キャベツ
潟Tカタのタネ
10/3
9/24
15cmポットに植え替
10/13
10/16
狩草でマルチング
定植 5ポット残った
10/29
11/9
10/25
11/9
2/17
2/25
3/3
3/11
3/25
虫除け、霜よけの為ネットをかける。    その内部から
霜よけネットを取り去るブロッコリーと一緒にチーズ パチ
なりは小さいものの柔らかくてシャキシャキ
最後の収穫三球 サンキュウ
モンシロチョウが飛び出した。




キャベツ 2005
4/1
4/2
4/13
4/15
苗購入 8株
大きいポットに植え替え
葉が触れ合ってきたので広い場所へ

5/6

5/6

定植から1週間目 3列の両側 中央はブロッコリー




キャベツ 2006
ー1
 

5/11

5/17

5/21

虫除けネット

ブロッコリーの葉にに隠れてしまった。 余裕で定植したつもりだったが、
とりあえずキャベツにかかる葉をカットする(5/21)

6/4

6/4

6/4

腐敗 黄化した葉
病気の原因 通風不良?

葉は大きく展開するが・・・

6/23

6/23

6/19

6/14

6/12

6/11

ネットで蝶侵入防止のはずが
青虫発生

最後の収穫

玉破裂 原因? 雨が多かった 玉が密に成りすぎた
結構重いキャベツだが意外と柔らかい





キャベツ2006−2

特徴  (裏説明文のまま)

耐寒性、低温結球性に優れる
玉は濃い赤紫色の球形で、しまりが良い
裂球が遅く、圃場貯蔵性が良い

育苗して育苗して本葉4〜5枚の頃畑に植え付け、速やかに活着させます
育ち遅れの弱い苗は定植しないでください
畝幅120cm、株間35〜40cmを目安とします
肥料は元肥に1/2程度施し、定植後15日目ごろに追肥を行って、
株元に軽く土寄せします
その後は生育状況に応じて2〜3回追肥を行い、
後半まで肥効を保ちます
病害虫防除は予防の為結球前から行い、
圃場の加湿は根傷みの原因となるので注意します

タイキ種苗株式会社

9/14

9/25

10/21

11/6

虫除けネット

12/2

12/16

1/22

1/22

2/21

3/20

3/27

特性 (裏説明のまま)

秋蒔き極早生の主流品種で、
草勢強く大玉で年内取りとしても品質良く好評。
球は肥大性に優れ、
尻腐れ少なく尻部の穴あきなく、
しまりのよい扁円形となる。
草勢、耐病性の強い作りやすい品種で、
水田裏作や、やや重粘な土質でもよい成績を示す。

秋まきでは播種適期を厳守し、むやみな早播きをしないこと。
暖冬で苗の生育が進みすぎるようであれば移植等で生育の調整をはかる。

夏まき年内どりでは、
強い霜が2〜3回降りた頃には収穫が終わるように播種期を決める。

秋まきの場合は肥効の重点を早春に置く。
他の作型では早生種であるから元肥中心に施す。

中生ルビーボール





キャベツ 2007−1

金系201号甘藍

キャベツTOPへ

キャベツTOPへ

キャベツTOPへ

キャベツTOPへ

特性 (裏説明のまま)

秋蒔き極早生の主流品種で、
草勢強く大玉で年内取りとしても品質良く好評。
球は肥大性に優れ、
尻腐れ少なく尻部の穴あきなく、
しまりのよい扁円形となる。
草勢、耐病性の強い作りやすい品種で、
水田裏作や、やや重粘な土質でもよい成績を示す。

秋まきでは播種適期を厳守し、むやみな早播きをしないこと。
暖冬で苗の生育が進みすぎるようであれば移植等で生育の調整をはかる。

夏まき年内どりでは、
強い霜が2〜3回降りた頃には収穫が終わるように播種期を決める。

秋まきの場合は肥効の重点を早春に置く。
他の作型では早生種であるから元肥中心に施す。

潟Tカタのタネ

4/23

家庭菜園写真集へ

2005年    2006年
2007年    2008年

2009年    2010年
2011年    2012年
2013年    2014年


キャベツTOPへ

5/4

5/31

6/1

6/1

6/9

6/9

ねこぶ病

キャベツTOPへ





キャベツ 2007−2

YR青春

冬丸

特性 (裏説明のまま)

萎黄病抵抗性で、作りやすいサワー系の品種です。
春系の中では耐暑性、高温結球性強く各地の初夏、秋どりに適します。
定植後50〜55日で収穫期に達する早生種です。
草勢は中位、外葉はあまり大きくないので密植できます。
1球1.3kg位の甲高変円球。
サワー系独特の葉質でやわらかく、食味と品質は良好です。

特性 (裏説明のまま)

耐寒性は」サワー系程度で露地で冬取可能。
サワー系の葉質と食味を持つ良質の丸玉種。
玉ぞろい良好、烈球が遅く収穫期幅が広い。

発芽温度・水分条件が満たされない場合は、正常発芽しないことがあります。
タネまき後、タネが隠れる程度覆土し、潅水を行ってタネに十分吸水させます。
育苗時の適湿?(過湿)による軟弱徒長を避け、根張りのよいガッチリした苗に仕上げます。

播種適期より早蒔きすると、やや扁平気味となります。
育苗して本葉4〜5枚の苗を植え付け、速やかに活着させます。
育ち遅れの弱い苗は定植しないでください。
畝幅100〜120cm、株間35〜40cmを目安とします。
定植後15日ごろに追肥を行い、株元に軽く土寄せします。
施肥料は元肥半量、追肥半量とし、生育中期以降の肥効をあげ、耐寒性を高めます。
菌核病には予防散布に努めます。

7/31  YR清春

7/31

8/11

8/14

8/24

8/31 冬丸種まき

9/5

9/18

間引き

ポットに植え替え

間引き2本立ち

9/26

9/10

定植 右の1列

11/18

9/29

9/29

10/2

11/28

12/19

12/19

2/19

2/19

1/13

1/10

1/2

芯部の虫害

黒腐病

YR青春キャベツ

苗に時点でブロッコリーとキャベツを取り違え南側にブロッコリーを定植
北側にキャベツを定植 
結果、草丈の勝るブロッコリーの陰になる不手際で生育が悪かったと思っている
刺しカードを過信した結果でした。
苗を見て首をかしげたのだけれど、同じ種(しゅ)で似ていた

冬丸キャベツ

10/2

10/7

10/15

11/28

2/19

1本立ち

定植

不織布トンネル

収穫間近

キャベツTOPへ

病気 黒斑病

2/25

3/1

3/12

3/15

3/17

3/20

3/26

株 渡辺採種場

タキイ種苗

株 渡辺採種場

特性 (裏説明のまま)

萎黄病抵抗性で、作りやすいサワー系の品種です。
春系の中では耐暑性、高温結球性強く各地の初夏、秋どりに適します。
定植後50〜55日で収穫期に達する早生種です。
草勢は中位、外葉はあまり大きくないので密植できます。
1球1.3kg位の甲高変円球。
サワー系独特の葉質でやわらかく、食味と品質は良好です。

YR青春





キャベツ 2008

種まき 左側2列 12株

3/11

3/18

3/7

4/1

4/4

4/7

4/12

裂果

4/12

4/26

5/2

5/14

6/4

6/4

6/8

6/13

初収穫

最後の収穫
初収穫から10日足らず 生長が早かった

モンシロチョウ

シャクトリムシ

シロイチモジヨトウ

キャベツTOPへ

潟Tカタのタネ

タキイ種苗

キャベツ 2008−2

8/18

8/29

9/22

1/16

1/16

1/16

12/15

12/15

12/15

10/19

10/15

10/7

10/7

10/7

9/26

9/24

9/24

9/14

8/13

201種まき

冬丸

ポット移植

冬丸ポット移植

苗置き場

ポット期間が長く下葉の黄化

201定植

冬丸定植

キャベツ畑全景
2011列 冬丸2列

巻き始めた201

冬丸

最初に収穫201

キャベツ畑全景

キャベツTOPへ

2/24

2/18

2/10

1/21

2/4

4/15

4/10

4/5

3/24

3/19

3/13

3/4

菌核病

最後の収穫

201

冬丸

201

冬丸

201

冬丸

201

201

寄生虫に犯されたモンシロチョウ