コウサイタイ 2006



紅菜苔

特徴  (裏説明のまま)

ハクサイなどと同じアブラナ科のツケナの仲間で、
主に花の付いた(苔)を食用にします。
名の様に葉柄やとうは紫紅色をしていますが
、熱を加えると濃い緑色になります。
甘味と特有の風味があり、手軽に作れます。

前もって苦土石灰を散布してよく耕し、元肥に堆肥や有機質肥料を施します。

発芽温度は15〜30℃で、生育には15〜20℃で冷涼な気候が適しています。
畑はうねにすじまきするか、平床にばらまきします。
適期まきして、冬までに大株に育てることが大切です。

発芽後込み合っているところを早めに間引き、
本葉5〜6枚のころ30cm株間になるようにします。
とうが伸び始めたら、肥切れしないよう化成肥料化液肥を施します。
冬は北側に笹、木の枝などを立てて防寒します。

潟Tカタのタネ

10/27

11/3

11/13

11/16

12/30

12/16

12/8

2/3

2/21

2/21

3/7

3/7

コウサイタイTOPへ

こうさいたい

家庭菜園写真集へ

2006年    2007年
2014年    




コウサイタイTOPへ

特徴  (裏説明のまま)

ハクサイなどと同じアブラナ科のツケナの仲間で、
主に花の付いた(苔)を食用にします。
名の様に葉柄やとうは紫紅色をしていますが
、熱を加えると濃い緑色になります。
甘味と特有の風味があり、手軽に作れます。

前もって苦土石灰を散布してよく耕し、元肥に堆肥や有機質肥料を施します。

発芽温度は15〜30℃で、生育には15〜20℃で冷涼な気候が適しています。
畑はうねにすじまきするか、平床にばらまきします。
適期まきして、冬までに大株に育てることが大切です。

発芽後込み合っているところを早めに間引き、
本葉5〜6枚のころ30cm株間になるようにします。
とうが伸び始めたら、肥切れしないよう化成肥料化液肥を施します。
冬は北側に笹、木の枝などを立てて防寒します。





コウサイタイ 2007

潟Tカタのタネ

9/19

9/27

10/12

11/1

12/1

12/24

2/8

土寄せ

3/15

3/27

他の菜の花と一緒に切花





コウサイタイ 2014

コウサイタイTOPへ

特性 (裏説明のまま)

ハナナと同じ仲間で、花蕾と茎を一緒に食用にします。
名前の通り葉の根元やトウは赤紫色ですが、熱を加えると濃い緑色になります。
甘みと特有の風味があり、栽培も簡単です。

うね幅60pに30p間隔の2条スジ播きします。
間引きながら本葉5〜6枚で、秋まきは株間20p、春まきは10pにします。
育苗して植え付けることもできます。
プランターでも作れます。

1u当り苦土石灰120g、完熟堆肥2s、有機配合肥料60gを施します。
追肥は収穫毎に1つまみ行います。
アブラムシとコナガの発生に注意します。

花が1〜2輪咲いたトウを手で折れるところで収穫します。
春まで次々とトウが伸びてくるので、長く収穫を楽しめます。
軽く茹でておひたし、サラダ、肉類との炒め物、また漬物にもなります。

9/24  種まき

9/26  発芽

10/12  植え付け

10/23

11/13

コウサイタイTOPへ