小松菜 1
特性 (裏説明のまま)

暑さに強い早生の一代交配こまつなで、特に夏季の栽培に適応性が高い。
耐病性に強く、生育旺盛で、夏、秋どりでは、蒔いてから25日ほどの短期間で収穫できます。
光沢ある、濃緑の丸葉で葉肉厚く、
株張り株ぞろいにすぐれ立ち性で草姿が美しく、家庭菜園に最適。
プランターや箱作りも、たやすく出来ます。

極寒期を除いていつでも蒔けますが露地栽培では、
春、夏、秋、三期まきが最も作りやすく良質のものができます。
土質を選びませんが、有機質の肥料を多くし元肥を主にチッソ分の多い化成肥料を施します。
耕すときに肥料をよくすきこみ、均一にばら蒔きします。
発芽後、密生部より間引きし10cmくらいの株間とします。

生育が早く旺盛ですから肥料は元肥を主として、施します。
箱まきは乾燥させないよう水遣りに注意します。
夏季は生育のスピードが速いので、早めに収穫します。

潟Aタリヤ農園
特性 (裏説明のまま)

ツケ菜の代表的な品種。
全国どこでも作られるなじみの深い野菜。
極めて丈夫で作りやすく、飼育旺盛で短期間に取れますので、
家庭菜園には欠かせない野菜。
わずかな空き地、箱ずくりでも十分楽しめます。
いつ蒔いてもよく生育しますが、春と秋にまくのが最も作りやすく、よいものが取れます。
空き地等をよく耕し、バラ播きします。
僅かに土をかけ、軽く上を押さえます。
本葉2〜3枚の頃から間引きし、株間10cmくらいに揃えます。
肥料は化成肥料をまくとき施し、間引き後薄い液肥として与えます。

箱作では、常に適度の湿り気を保つことが大切、若いうちに収穫し何回も繰り返し作れます。

本葉が3〜4枚の頃から間引き、つまみなとして軟らかくて美味です。
漬物、おひたし等に最適で独特の風味があります。
7/31
7/31
育ちの様子
収穫 少々育ちすぎたかな
10/22
種蒔き  両側はポットに植わっている、
      ハクサイ(金将二号)
2/25
2/25
3/3
3/11
3/27
3/27
3/28
3/29
3/29
3/29
2/8
2/23
3/27
小松菜 2
小松菜 3
3/29
ビニール・トンネルハウスで冬栽培
左から 小かぶ・中葉春菊・小松菜・べんり菜・冬菜
小松菜収穫
大松菜?収穫 育ち過ぎ
漬物にでもするか
一回り小さい容器に水を入れて重しとする
潟Aタリヤ農園




小松菜 2005


小松菜




小松菜 2006

4/10

4/13

潟Aタリヤ農園

特徴 (裏説明のまま)

暑さに強い早生の一台交配こまつなで、特に夏季の栽培に適応性が高い。耐病性に強く、生育旺盛で夏、秋どりでは、
まいて25日ほどの短期間で収穫できます。
光沢ある、濃緑の丸葉で葉肉厚く、
株張り株ぞろいにすぐれ立ち性で草姿が美しく、
家庭菜園に最適、プランターや箱作りも、たやすく出来ます。

極寒期を除いていつでも蒔けますが露地栽培では、
春、夏、秋、三期まきが最も作りやすく良質のものが出来ます。
土質を選びませんが、
有機質の肥料を多くし元肥を主にチッソ分の多い化成肥料を施します。
耕すときに肥料をよくすきこみ、均一にバラまきします。
発芽後、密生部より間引きし10cm位の株間とします。

4/2

4/13

4/18

4/19

4/23

5/3

5/6

整地 種蒔き

発芽

コンテナ種蒔き

菜の花

菜っ葉漬け たまり風味

小松菜1

5/9

5/17

5/29

5/14

5/29

6/4

コンテナその2

5/17

コンテナその1

都会のベランダへ

6/5

6/5

最後の収穫

6/13

6/20

6/7

6/27

小松菜2

同じ場所種蒔き

発芽

8/3

8/25

8/25

8/31

9/7

8/31

9/21

9/21

特性 (裏説明のまま)

暑さに強い早生の一代交配こまつなで、特に夏季の栽培に適応性が高い。
耐病性に強く、生育旺盛で、夏、秋どりでは、蒔いてから25日ほどの短期間で収穫できます。
光沢ある、濃緑の丸葉で葉肉厚く、
株張り株ぞろいにすぐれ立ち性で草姿が美しく、家庭菜園に最適。
プランターや箱作りも、たやすく出来ます。

極寒期を除いていつでも蒔けますが露地栽培では、
春、夏、秋、三期まきが最も作りやすく良質のものができます。
土質を選びませんが、有機質の肥料を多くし元肥を主にチッソ分の多い化成肥料を施します。
耕すときに肥料をよくすきこみ、均一にばら蒔きします。
発芽後、密生部より間引きし10cmくらいの株間とします。

生育が早く旺盛ですから肥料は元肥を主として、施します。
箱まきは乾燥させないよう水遣りに注意します。
夏季は生育のスピードが速いので、早めに収穫します。

潟Aタリヤ農園

2/17

2/6

3/3

3/7

3/16

3/24

4/14

4/23

4/23





小松菜 2007

浜美2号

特性 (裏説明のまま)

萎黄病に強く、生育は緩やかな中生種。
周年栽培が可能。
草姿は極立ち性。
葉は小さ目の短楕円形で葉色は光沢のある濃い緑色。
葉柄部は太く荷姿が美しい。

高温期栽培で葉が伸びすぎず、節間伸長が少なくカッピング症状が出にくい。
寒冷紗被覆やべた掛け栽培に適する。
根は純白で地際部の細根が少なく土落ちがよく水洗がしやすい。

栽培距離は条間15〜20cm、株間は3〜5cmとする。
コナガ、アブラムシの防除には、
寒冷紗被覆トンネル栽培やパオパオ等の不織布のベタ掛け栽培が効果的。

潟Tカタのタネ

4/15

コマツナTOPへ

コマツナTOPへ

4/28

4/23

特性 (裏説明のまま)

当社が開発した交配種で、おいしい小松菜です。
年間を通じて作りやすく、種まき後夏の高温期で22日、
春秋蒔きで32日くらいで収穫できます。

保温資材を使わない場合は、春はジンチョウゲの花の咲く頃から、
秋は初霜の頃まで種が蒔けます。 
トンネルやハウスを使えば冬季も作れます。
畝幅20〜30cmでタネを蒔くところをやや高くして筋蒔きします。
プランターの場合はばら蒔きします。
肥料は1u当たり最初は堆肥2.5kg、石灰100g化成肥料80gくらいを施します。
種まきは畑の場合雨の降った後に行い、
発芽までの3〜4日は雨にあたらないようにします。
種にかける土は薄くします。プランターの場合は湿らせた土にタネを蒔きます。
株と株の間を2cmくらいにすると1株1株がしっかりしたものになります。
少ずつ何回かに分けてタネを蒔くと連続して収穫できます。

潟gーホク

家庭菜園写真集へ

2005年    2006年
2007年


2008年    2009年
2010年


コマツナTOPへ

5/8

5/8

小松 菜の花

間引き

5/8

5/19

5/29

5/29

6/13

6/29

6/29

味彩

6/13

6/15

6/15

6/29

7/3

7/7

7/7

味彩

モグラと天候不順のため栽培断念 根が浮き上がり枯れ上がる

潟gーホク

7/7

うさぎの餌に

中生 小松菜

特性 (裏説明のまま)

プランター、空き箱などでも手軽に作れる家庭菜園向けの優良種で、
厳寒期を除けば年中栽培できます。
葉は鮮やかな濃緑色で長楕円形、
周縁キザミがなく平滑で葉柄は丸みをおびた扁平で細く軟らかい。
生育旺盛で播種後50日くらいで収穫できます。

畑に直接条まきか、バラ蒔きとします。
あまり土をかけないように、軽く抑える程度とします。
発芽まで土の表面が乾燥しないよう潅水を行います。
発芽ご成育に伴いこんだ部分を間引きします。
肥料は市販の化成肥料をバラバラと与えます。

採りたての物はきわめて新鮮で漬物、煮食、汁の実などのして風味満点、食味佳良です。

潟Eタネ

害虫の被害と葉の黄化

7/23

7/31

8/12

今回も栽培不作
害虫の被害が大きいし病気も
害虫予防にネットを被せたが何処からやって来るのか?

特性 (裏説明のまま)

当社が開発した交配種で、おいしい小松菜です。
年間を通じて作りやすく、種まき後夏の高温期で22日、
春秋蒔きで32日くらいで収穫できます。

保温資材を使わない場合は、春はジンチョウゲの花の咲く頃から、
秋は初霜の頃まで種が蒔けます。 
トンネルやハウスを使えば冬季も作れます。
畝幅20〜30cmでタネを蒔くところをやや高くして筋蒔きします。
プランターの場合はばら蒔きします。
肥料は1u当たり最初は堆肥2.5kg、石灰100g化成肥料80gくらいを施します。
種まきは畑の場合雨の降った後に行い、
発芽までの3〜4日は雨にあたらないようにします。
種にかける土は薄くします。プランターの場合は湿らせた土にタネを蒔きます。
株と株の間を2cmくらいにすると1株1株がしっかりしたものになります。
少ずつ何回かに分けてタネを蒔くと連続して収穫できます。

潟gーホク

味彩小松菜

9/27

9/19

2/8

2/8

12/28

11/21

11/14

11/7

11/4

11/1

10/25

10/25

10/12

丸葉型

土寄せ

間引き 土寄せ

大株 漬物にするしかない

4/2

3/27

3/21

3/21

3/17

大株の根

とう立ち

圃場の整理

暖かい菜の花色

1番大きな花びんだけど

コマツナTOPへ