10/2

9/21

8/31

7/19

7/7

7/6

6/5

潟Tカタのタネ

4/22

特徴と育て方 (裏説明のまま)

日本の山野に自生する宿根草で、昔から山堀のものを庭に移して楽しんできました。
宿根草ですが実生で育てると1年目は花数も少ないですが、
2年目からたくさんの花を咲かせます。
紫、淡桃、白の混合で、日本原産のため気候封土によく合い、日本中どこでもよく出来ます。
土質も特に選びません。

元来冷涼な気候を好みますので涼しいうちにタネを蒔きます。
特に幼苗期は暑さを嫌いますので風通しの良い日よけの下で育てます。
実生1年目は株も張らず花数も少ないので、
床か箱に粗めに蒔いて込み合ったところは間引き、そのまま越冬させますが、
初年の冬は根張りが不十分で寒さや乾燥に弱い為、
10cmくらい土をかけ寒さから防いでやります。
春になってからまだ休眠中の根株を20cm間隔に植え拡げてやると、
6月頃から美しい花を咲かせ始めます。



桔梗
 
花言葉:誠実・変わらぬ愛





桔梗 2006

五月雨 特選混合

家庭花壇トップページへ

2006年    2007年
2008年    2009年
2010年    2012年
2013年    2014年



キキョウTOPへ





桔梗 2007

キキョウTOPへ

5/4

6/25

6/15

7/20

6/17

キキョウTOPへ





桔梗 2008

5/12

5/22

7/23

8/3

8/25

摘心





桔梗 2009

キキョウTOPへ

5/16

6/11

6/20

6/20

6/27

7/1





桔梗 2010

キキョウTOPへ

6/10

6/22

7/20

キキョウTOPへ

5/20

7/3

8/4





桔梗 2012

5/8

5/30

6/22  開花

6/28

9/2  切戻し後の花

キキョウTOPへ





桔梗 2013

4/24

5/13

5/20

7/31

8/31

キキョウTOPへ





桔梗 2014

10/25