カンパニュラ

家庭花壇トップページへ

2007年    2009年





カンパニュラTOPへ





カンパニュラ 2007

生育が早い一代交配種で、
秋に種まきしても翌年の春に開花する画期的なメジューム系の改良品種です。
株元から数多くの枝が出て、草丈80CMほどに伸びます。
花持ち良く切花にも向きます。

暖かい地域では、ススキの穂が出始める頃からが適期です。
ピートバンや種まき用土を入れた箱に、バラまきにして種が隠れる程度の土をかけます。
発芽まで涼しいところで管理して、本葉2〜3枚の頃、小鉢やポットに植え替えます。

日当たりや風通し、水はけの良い場所に完熟堆肥、化成肥料を施します。
厳しい寒さが来る前に、株間25pほどで植えつけます。
土が凍る様な寒い地域では大きめの鉢に植え替え、
冬を越して早春に花壇やプランターに植えつけると安心です。
草丈が伸びてきたら倒れないように支柱を立てます。

潟Tカタのタネ

メイミックス

9/25

10/11

10/16

11/5

11/16

2/8

3/17

4/24

5/12

5/21

5/24

5/30

6/12

地面に這いつくばって

寒さに耐えた

その結果大きくなった

定植

カンパニュラTOPへ

花言葉: 感謝