カブ

カブTOPへ

10/20赤カブ

10/20

9/29 圃場





カブ 2015





カブ 2007−1

3/3

3/3

3/10

3/24

3/10

2/5 裂根

2/5

2/5

1/29

1/29

1/19 赤カブ

1/19

2018/1/19

12/28

カブTOPへ

カブTOPへ

特性 (裏説明のまま)

小カブから中大カブまで随時収穫できます。
肉質が軟らかく甘みがあり漬物の他、サラダ用にも使える良質で最高の味です。
作りやすく、家庭園芸に最高のカブ、プランターでも容易に作れます。

種まきに1週間前に1u当たり苦土石灰100g、元肥として完熟堆肥2s、
化成肥料80g位を全面にまいてよく耕しておきます。
畝幅60pに点まきし浅く土をかけます。
本葉が3〜4枚の時間引きして1本立ちとします。
間引きと同時に害虫がいたら早めに防除します。
追肥は化成肥料を2週間ごとに1u当たり30gずつ施し、
初期からの生育を順調に行います。

夏まきは乾きやすいので日除けをして直射を避け、水やりに注意します。
特に肥大期に乾燥が続くとかぶが変形しやすいので、
晴天の続くときは朝夕水やりをします。

小かぶを間引き収穫して株間20pに、中かぶを間引き収穫して40pに、
その都度追肥で化成肥料を1u当たり10〜20gを施します。

カブTOPへ





カブ 2013

カブTOPへ





カブ 2012

カブTOPへ

飛騨紅かぶ

カブTOPへ





カブ 2009

カブTOPへ

カブ 2008−2  

スワン

カブTOPへ





カブ 2008

カブTOPへ

カブ 2007−2

潟Aタリヤ農園

タキイ種苗

9/21
9/23

12/23

12/30

1/12

トンネル栽培

発芽

10/1
9/23
10/11

2/5

2/12

2/17

間引き菜

10/22
9/23
10/21
11/2
11/4
11/9
12/1

4/6

4/21

奇形のかぶ

最後の収穫

1/20
最後の収穫
最初の収穫 未だ小さい
病気? 中央に褐色の斑点

3/3

3/26

3/19

定植
急に大きくなり始めた





カブ 2006−1

10/20

11/3 食害

11/3 赤カブ食害

12/17 赤カブ

12/17

12/11

カブTOPへ





かぶ 2017





カブ 2016

特性 (裏説明のまま)

小中〜中大カブと好みのサイズで収穫できます。
肌はつやがあり、肉質が良い。
ス入りや根割れがしにくく、幅広い地域で栽培できます。

1ヶ所に3〜4粒ずつまき、本葉3〜4枚までに生育中位ものを1本残して間引きします。
肥料が多すぎると、茎葉大きくなりますが、根の肥大が悪くなるので注意します。
根径が4cm以上になれば収穫できます。
間引きどりすれば、根径12p程度まで大きくなります。

カブTOPへ





カブ 2014

12/29  最後の収穫

特性 (裏説明のまま)

京都府で育ち、広く作られている鮮紅色の大カブです。
根はやや平らで10p位になり、肉質はち密で白く甘みがあり、
漬けると全体が鮮紅色になります。

畑家は前以て十分に耕しておきます。
水はけを良くするため高畝にして土をよく湿らせ
うね幅60p、株間20pで一ヶ所に5〜6粒ずつ蒔きます。

畑には1u当たり堆肥2s、苦土石灰100g、化成肥料60gを施しておきましょう。

間引きは2〜3回に分けて順次行い、本葉3〜4枚で1本立ちにし、
その時に50gの化成肥料を施してください。

生育初期は寒冷紗のトンネルで覆うと、強い雨や害虫予防に効果的です。





カブ 2011

スワン

特性 (裏説明のまま)

品質極上で甘みがあり、サラダでもOK!
こかぶから中大かぶまで随時どりできます。
本命は中大かぶで、肉質がよくス入りがおそい。

すいぶんじょうけんがみたされないばあいには、正常発芽しないことがあります。
通気、排水に優れた日当たりのよい畑が適します。
播種は15〜20cm条間で、深さ1cmに5〜6粒蒔いて覆土し、軽く鎮圧します。
発芽までは適湿を保ちます。

本葉3〜4枚までに、生育が中ぐらいな物を1本残して間引きし、
同時に軽く表面を耕し、土寄せをします。
高温やチッソ過多では根型がみだれてタテ長になりやすいので、
厚いときの種まきは小肥とします。

株間7〜8cmでタネを蒔き、直径5〜6cmで一本おきに間引き収穫、
追肥して8〜10cmで再度一本おきに収穫して追肥すれば、
こかぶから中大かぶまで楽しめます。

特性 (裏説明のまま)

タキイ種苗育成の一代交配種。
超耐病性で特にウイルスに強く、強勢で太りが早く、
小かぶから中、大かぶまで長期に収穫出来る。
作り易い万能種。
形が早くから整い豊円で極めて揃いが良く、
肌は純白でツヤがあり、
ス入り、根割れの心配がない。
特に夏蒔きの小〜中かぶ栽培、
秋蒔き・春蒔きの露地栽培等家庭菜園に好適です。

カブTOPへ

家庭菜園写真集へ

2006年    2007年
2008年    2009年
2011年    2012年
2013年    2014年
2015年    2016年
2017年    2018年
2019年    2020年



カブTOPへ

9/19

9/19

特性 (裏説明のまま)

品質極上で甘みがあり、サラダでもOK!
こかぶから中大かぶまで随時どりできます。
本命は中大かぶで、肉質がよくス入りがおそい。

すいぶんじょうけんがみたされないばあいには、正常発芽しないことがあります。
通気、排水に優れた日当たりのよい畑が適します。
播種は15〜20cm条間で、深さ1cmに5〜6粒蒔いて覆土し、軽く鎮圧します。
発芽までは適湿を保ちます。

本葉3〜4枚までに、生育が中ぐらいな物を1本残して間引きし、
同時に軽く表面を耕し、土寄せをします。
高温やチッソ過多では根型がみだれてタテ長になりやすいので、
厚いときの種まきは小肥とします。

株間7〜8cmでタネを蒔き、直径5〜6cmで一本おきに間引き収穫、
追肥して8〜10cmで再度一本おきに収穫して追肥すれば、
こかぶから中大かぶまで楽しめます。

タキイ種苗

潟Tカタのタネ

特性 (裏説明のまま)

寒さに強く、生育旺盛で作りやすく、根の皮から葉、茎まで鮮紅色の赤カブです。
肌は滑らか、根の内部は白色でち密な肉質で甘みがあり、
酢漬け・塩漬けに適し、全体がきれいな紅色になります。

1m幅のベットに条間25cmにスジまきし、
間引きながら本葉5〜6枚で株間12〜15cmにします。
または60cm幅のうねにバラまきし、順次間引き、本葉5〜6枚で15cm間隔にします。

1u当たり苦土石灰100gと有機配合肥料100gを施します。
完熟堆肥は前作に入れます。
生育期間が短いのでアブラムシ、アオムシ、コナガの防除は早めに行います。

カブは根径10〜12cmが収穫の適期です。
種まき後、50〜85日が目安ですが太ったものから順に収穫します。

種まき スワン

種まき 本紅丸

9/27

9/27

本紅丸

スワン

10/21

10/21

11/1

11/1

12/7

12/19

12/28

1/10

1/10

1/13

スワン

本紅丸

本紅丸

本紅丸

本紅丸

スワン

スワン

スワン

栽培終了 整地

タキイ種苗

特性 (裏説明のまま)

品質極上で甘みがあり、サラダでもOK!
こかぶから中大かぶまで随時どりできます。
本命は中大かぶで、肉質がよくス入りがおそい。

すいぶんじょうけんがみたされないばあいには、正常発芽しないことがあります。
通気、排水に優れた日当たりのよい畑が適します。
播種は15〜20cm条間で、深さ1cmに5〜6粒蒔いて覆土し、軽く鎮圧します。
発芽までは適湿を保ちます。

本葉3〜4枚までに、生育が中ぐらいな物を1本残して間引きし、
同時に軽く表面を耕し、土寄せをします。
高温やチッソ過多では根型がみだれてタテ長になりやすいので、
厚いときの種まきは小肥とします。

株間7〜8cmでタネを蒔き、直径5〜6cmで一本おきに間引き収穫、
追肥して8〜10cmで再度一本おきに収穫して追肥すれば、
こかぶから中大かぶまで楽しめます。

2/19

種まき

3/17

3/30

間引き

5/8

5/2

4/21

4/12

1/16

12/23

12/18

12/15

12/13

12/10

12/3

10/19

11/4

11/13

11/23

直まき

間引き

初収穫

貰い物カブ(品名不明)
品名スワンが納得できる

最後の収穫

9/28

10/3

10/19

1/25

9/16

9/30

10/19

11/18

種まき

発芽

間引き

収穫  左辛み大根

収穫

間引き

間引き

発芽

(株)トーホク

10/9  種まき

10/31

10/31  間引き

11/21

12/15

2012/1/1  霜よけネット

1/10

1/26

3/4

3/22  抽苔

3/22  抽苔株

3/22  栽培終了

3/28  圃場整理

4/13  赤カブの甘酢漬

9/15  紅カブ種まき

9/15  スワン種まき

9/19  紅カブ発芽

9/19  スワン発芽

9/21  紅カブ  

9/21  スワン

10/6  紅カブ

10/6  スワン

10/12  紅カブ間引き

10/12  スワン間引き

11/5

11/5

11/17

11/17

12/2

12/2

11/23

12/9

12/28

11/11  農業祭出品

11/11  農業祭出品

2013/1/20

1/30

1/31  紅カブ

1/31  スワン

2/25  最後の収穫

(株)アタリヤ農園

12/21

12/7

12/1

11/20

11/18  間引き収穫

11/7

11/1

10/29

10/25

10/1  間引き

9/22  発芽

9/18  種まき

9/15  種まき

10/1

10/12

10/12

10/23

11/13

11/13

12/6

12/6

12/14

12/30

2015/1/9

1/24

2/4

2/4

2/9

11/9  農業祭

特性 (裏説明のまま)

本紅色の中カブで外皮はもちろん、カブの中心部まで赤くなります。
形状の良い美しい姿の株です。
肉質も緻密で食味は満点です。
極めて丈夫で作りやすく、家庭菜園に好適で、
箱やプランター等でも楽に作ることができます。

まき時は8月〜10月頃が適期です。
水はけのよい場所をよく耕し、堆肥、化成肥料を施し、
土によくすき込み畦幅60pにやや広めにすじまきします。
箱まきは水はけのよい用土を15p位の深さに入れ、バラまきします。
生育に従って間引きをし本葉4〜5枚で15pの間隔に1本立ちとします。
生育中化成肥料を2〜3回追肥に与えます。

間引きは早めに行い伸びすぎないうちに株間をつくることが、
カブの太りをよくするコツです。
箱つくりは液肥として与えるのが効果的です。
適期まきで60日頃より収穫期となります。
浅漬け、酢漬け、糖漬けなど漬物に最適で、味の優れた、美しいカブです。

9/19 耐病ひかり

9/22 耐病ひかり

9/26 耐病ひかり

9/27 耐病ひかり

10/3 耐病ひかり 間引き

10/9 本紅かぶ 

10/20 本紅かぶ

10/20 土寄せ

10/22 土寄せ後稲わらマルチ

9/27 本紅かぶ

11/8

11/8 農業祭出品

11/9 本紅かぶ

11/11

11/11 裂根

11/19

11/23

11/23 本紅かぶ

12/8 本紅かぶ

12/8

11/30 本紅かぶ 形が悪い

11/29 本紅かぶ

2/29

2/4

1/23

2016/1/13

12/30

12/30

特性 (裏説明のまま)

小中〜中大カブと好みのサイズで収穫できます。
肌はつやがあり、肉質が良い。
ス入りや根割れがしにくく、幅広い地域で栽培できます。

1ヶ所に3〜4粒ずつまき、本葉3〜4枚までに生育中位ものを1本残して間引きします。
肥料が多すぎると、茎葉大きくなりますが、根の肥大が悪くなるので注意します。
根径が4cm以上になれば収穫できます。
間引きどりすれば、根径12p程度まで大きくなります。

発芽日数:3〜5日  発芽地温20〜25℃  生育適温15〜25℃

(株)武蔵野種苗園

タキイ種苗(株)

特性 (裏説明のまま)

葉柄は濃紫色を呈し、葉長は9月蒔きで60pていどとなる。
球の肥大は中早生、やや吸い込みの腰高球でそろいは抜群です。
球色は赤色濃く、肉色は中心部まで赤色が回っており、非常に美しく、市場性が高い。
球径が13pになっても変形、ス入りが無く、肉質は中程度の固さで、品質良好。

1/5 ひかりかぶ 左下隅

10/5 紅かぶ

10/18 ひかりかぶ

10/18 紅かぶ

10/31 紅かぶ 間引き菜

11/6 紅かぶ 間引き菜

1/22

11/15 紅かぶ

11/15

12/5

12/5 紅かぶ

12/10

12/12 紅かぶ

12/12

12/12

12/21

2016/1/4 紅かぶ

1/4

1/17 紅かぶ

1/17

1/31

2/17

2/17 紅かぶ

3/8

1/17

3/11

3/25 栽培終了