8/4

7/20

7/10

6/27

6/21

6/7

5/9

潟Tカタのタネ
特性 (裏説明のまま)

切花などに利用される丹波ほうずきの改良種です。
普通は地下茎の株分けで増やす耐寒性の宿根草ですが、
2〜4月頃に蒔けば6〜7月には白い花が咲き、8〜9月には実が赤く熟します。

種蒔き時: 関東5月上旬〜7月下旬  9月上旬〜10月下旬

発芽温度が高く、発芽まで3週間位かかります。
温度が低い場合には発芽が悪いので加温する設備が無い場合には、
気温が上がるまで待って蒔きます。
この場合にはその年には花が咲き、
実を結ぶ数が少なく翌年からは花付がよくなります。
冬が来て地上部が枯れたなら、
枯れ茎を取り除いておけば翌春からは宿根草として扱えます。

花言葉:不思議・半信半疑
4/15



ほうずき
 
花言葉:自然の美・不思議





ほうずき 2006

大実ほうずき

家庭花壇トップページへ

2006年    2007年
2009年    2010年



病虫害写真

ホウズキTOPへ





ホウズキ 2007

ホウズキTOPへ

4/26

5/18

6/15

7/23

7/23





ホウズキ 2009

9/7

9/28

うどんこ病 (糸状菌)

ホウズキTOPへ





ホウズキ 2010

ホウズキTOPへ

ホウズキTOPへ





ホウズキ 病虫害

ホウズキTOPへ

5/17

5/30

7/1

7/28

8/7

10/15

10/19