エダマメ ダイズ 2005





エダマメ ダイズ 2011

5/2

5/21 ふさみどり

5/21 夏の声

アタリヤ農園

6/1 夏の声

7/7

7/18

特性  (裏説明のまま)

古来より黒大豆は味のよいことで知られています
この品種を改良育成された、新しいタイプの枝豆です。
甘み強く、風味がよくおいしさは抜群です。
耐病性が強く作りやすいので家庭菜園には好適。
草丈は45cm〜50cmで分枝が多く、さや付がよく
3粒さやの割合も高い。
枝豆としての適期は、極早生種より1週間ほど遅れます

エダマメダイズTOPへ





エダマメ ダイズ 2018

エダマメダイズTOPへ

エダマメダイズTOPへ

エダマメダイズTOPへ

エダマメダイズTOPへ

エダマメダイズTOPへ





エダマメ ダイズ 2009

エダマメダイズTOPへ

エダマメダイズTOPへ





エダマメ ダイズ 2007

9/16

9/16

10/4

7/9

7/23

7/27

6/1 ふさみどり

5/23 夏の声

5/23 ふさみどり

特性 (裏説明のまま)

早生エダマメ (ふさみどり)
3粒がたくさんとれ、食味の優れた白毛の早生枝豆です。 枝付の姿がよく、倒伏にも強いので、つくりやすいのが特徴です。

うね間60p、株間20pでタネ3〜4粒を点まきし、ポットなどにも2〜3粒ずづまいておきます。
本葉が開くころに2本立ちにし、発芽の悪い所はポット苗をはやめに植えつけます。
1u当たり苦土石灰100g、完熟堆肥2s、有機配合肥料50gを施し、早播きは保温します。カリ肥料を多めにするとよくできます。
開花前後の乾燥は収穫量の低下を招くので、十分に水をやります。
株の中央付近の莢が十分ふくらんだ頃、莢が黄化する前に株ごと引き抜くか、熟した準に莢をもぎ取って収穫します。


中早生茶豆 (夏の声)
風味よく、甘みがあり、食味が極めて優れた白毛の中早生茶豆です。
莢付がよく、2〜3粒の莢がたくさん採れます。 莢は濃緑色で、ゆで上がりの色がさえます。

うね間60p、株間20pでタネ3〜4粒を点まきし、ポットなどにも2〜3粒ずづまいておきます。
本葉が開くころに2本立ちにし、発芽の悪い所はポット苗をはやめに植えつけます。
1u当たり苦土石灰100g、完熟堆肥2s、有機配合肥料50gを施し、早播きは保温します。カリ肥料を多めにするとよくできます。
開花前後の乾燥は収穫量の低下を招くので、十分に水をやります。
株の中央付近の莢が十分ふくらんだ頃、莢が黄化する前に株ごと引き抜くか、熟した準に莢をもぎ取って収穫します。


晩性丹波黒大粒大豆
種皮にロウ質粉を被る大粒黒マメで、京都・兵庫の特産品。 分枝数が多く、草丈は低めの晩性種。
品質が良く正月用の煮豆に最適で、若どりすればエダマメとしても楽しめる。
晩性種なので、早播きすると過繁茂になって着莢が悪くなります。
極端な乾燥と過湿にならないように注意します。 特に、開花着莢時期には摘湿を保ちましょう
若莢はエダマメとして、成熟子実はダイズとして利用できます。

エダマメダイズTOPへ

4月種まきはポットに。本葉6枚位農園境界の縁に沿って二本立ちで定植
 
株間にマリーゴールド切花用苗を植えてしまった為に草丈追い抜かれ、日当たり悪く結果反省
一緒に植えたマリゴールド
切花にしたので草丈は枝豆と同じくらいになっていた。(花丈1m〜1.2m)
細かく切って鋤きこむとよいと書いてあったのでやってみる。
            ↓
NHK趣味の園芸
家庭でできる病気と害虫の防除
ネグサレセンチュウとマリゴールド
3回に分けて収穫した
この株は大豆になるまで待ってみる。
くろべえー
8/3
8/10
8/10
8/10


枝豆 大豆




エダマメ ダイズ 2006
特性 (裏説明のまま)

全国どこでも作れる、早生の枝豆です。
日当るのよい所なら土質を選びません。
丈夫で作りやすく、家庭菜園には最適。
箱やプランター等でも立派に作れます。

種蒔き時: 関東4月中旬〜7月上旬

枝豆は連作を嫌いますから
3年くらいは場所を変えて作ります。
まめ科の野菜ですから、チッソ分を控え、
茎葉が伸びすぎないように作ります。

早生種ですから60日位でサヤが膨らんできます。
豆が固くならないうちに収穫します。

4/21

5/6

4/8

潟Aタリヤ農園

潟Tカタのタネ

5/6

5/17

6/4

5/17

5/17

6/10

6/27

6/13

7/13

7/19

7/25

7/23

初収穫

葉色が変

ダニ被害?葉が縮れ

クサギカメムシ

7/27

7/31

8/4





エダマメ ダイズ 2015





エダマメ ダイズ 2013





エダマメ ダイズ 2010





エダマメ ダイズ 2008

8/23

8/12

8/12

8/12 虫害で栽培終了

8/12 虫害で栽培終了

丹波黒大粒大豆

6/9

6/9

7/7

エダマメダイズTOPへ

家庭菜園写真集へ

2005年    2006年
2007年    2008年
2009年    2010年
2011年    2013年
2015年    2018年






エダマメダイズTOPへ

うまい茶豆

潟gーホク

特性 (裏説明のまま)

家庭菜園で収穫してすぐゆでたエダマメの食味は最高です。
新潟県で育った茶豆で特に香りと甘さが有り独特の味があります。
土質もあまり選ばず、どこでも手軽に作れます。

発芽温度は25℃と高いので早まきしないで、地温の上がるのを待ちます。
早播きすると草勢が強くなりすぎ、莢つきが悪くなりますので遅まきとします。
うね幅60cm、株間18cmくらいとし、1ヶ所に2本残します。
肥料は1u当たり最初に堆肥2kg、石灰120g、化成40g施します。
窒素肥料が多いと草丈だけが伸び実のつきが悪くなります。

莢が膨らみすぎないうち、開花後30〜35日で収穫します。

5/7

種まき

特性 (裏説明のまま)

3粒莢がたくさんとれ、食味のすぐれた白毛の早生エダマメです。
枝つきの姿がよく、倒伏にも強いので、作りやすいのが特徴です。

畝間60cm、株間20cmでタネ3〜4粒を点蒔きし、ポットなどにも2〜3粒蒔いておきます。
本葉が開く頃に2本立ちにし、発芽の悪いところはポット苗を早めに植えつけます。

1uあたり苦土石灰100g、完熟堆肥2kg、有機配合肥料50gを施し、早蒔きは保温します。
カリ肥料を多めにするとよく出来ます。
開花前後の乾燥は収穫量の低下を招くので、十分水遣りをします。

株の中央付近の莢が十分ふくらんだ頃、莢が黄化する前に株ごと引き抜くか、
熟した順に莢をもぎ取って収穫します。

潟Tカタのタネ

ふさみどり

5/15

5/31

6/1

6/7

6/27

結果 発芽不良

種まき 再び

種まき 三度

定植 

7/18

7/23

8/9

8/20

4回に分けて収穫 ほったらかしの割には実が入っていた

美姫 (よしひめ)

特性 (裏説明のまま)

熟期は、85日タイプです。
風味豊かで、食味が極めてすぐれています。
草勢が強いので、株間を(株間20cm、畝間45cm)広めにとってください。
産地から家庭菜園まで幅広く栽培できます。

エダマメは酸性土壌を嫌うので、土壌改良と良質の堆肥投入が増収食味を引き立てます。
元肥は、番種または定植10日前に施してください。
また元肥を多量に施すと草勢が旺盛となりやすいので、施肥料に注意してください。
適期を逃さず、早めに収穫してください。

もぎたてのエダマメを塩もみします。(毛じをとる)
沸騰したお湯の中に2〜3分ゆでます。
ザルにあげ、塩を振って出来上がり。

株 柳川採種研究会

種まき

発芽

定植 スイカの縁

6/12

6/17

6/28

6/30

8/19

10/2

9/2

8/21

8/1

8/12

8/16

虫害?

スイカ圃場整理

枝豆としては過熟

黒豆

採り遅れが多い

5/24

5/24

茶豆滝姫 発芽50%

黒豆美姫 発芽50%

特性 (裏説明のまま)

熟期は、85日タイプです。
風味豊かで、食味が極めてすぐれています。
草勢が強いので、株間を(株間20cm、畝間45cm)広めにとってください。
産地から家庭菜園まで幅広く栽培できます。

エダマメは酸性土壌を嫌うので、土壌改良と良質の堆肥投入が増収食味を引き立てます。
元肥は、番種または定植10日前に施してください。
また元肥を多量に施すと草勢が旺盛となりやすいので、施肥量に注意してください。
適期を逃さず、早めに収穫してください。

もぎたてのエダマメを塩もみします。(毛じをとる)
沸騰したお湯の中に2〜3分ゆでます。
ザルにあげ、塩を振って出来上がり。

美姫 (よしひめ) 黒豆

株) 柳川採種研究会

株) 柳川採種研究会

滝姫 (たきひめ) 茶豆

特性 (裏説明のまま)

熟期は、85日タイプです。
風味豊かで、食味が極めてすぐれています。
短稈で着莢密度が高く、密植栽培が可能です。
産地から家庭菜園まで幅広く栽培できます。

エダマメは酸性土壌を嫌うので、土壌改良と良質の堆肥投入が増収食味を引き立てます。
元肥は、番種または定植10日前に施してください。
肥沃な畑では草勢が旺盛となりやすいので、施肥量に注意してください。
適期を逃さず、早めに収穫してください。

もぎたてのエダマメを塩もみします。(毛じをとる)
沸騰したお湯の中に2〜3分ゆでます。
ザルにあげ、塩を振って出来上がり。

6/4

6/4

6/7

6/7

6/9

6/9

黒豆

黒豆

黒豆定植

茶豆

茶豆

茶豆定植

7/5

7/5

7/5

ヒメコガネの食害

8/14

8/14

8/14

7/17

7/31

右・茶豆  左・黒豆

ハスモンヨトウ群

茶豆紅葉

黒豆やや紅葉

9/4

9/4

9/12

9/16

9/27

9/25

茶豆

茶豆

茶豆収穫

黒豆

黒豆

黒豆収穫

丹波黒大粒大豆

特性 (裏説明のまま)

豊産種で作りやすく、家庭菜園にも最適です。
大粒で、粒ぞろいもよい極上の品種です。
収穫は10月下旬頃莢の色が黄変したころに行います。

苦土石灰を施し土壌を中和させておきます。
元肥に完熟堆肥、化成肥料を適量、深く鋤き込みます。

早蒔きは、着莢不良の原因になるので注意が必要です。
畦幅85〜90p、株間40〜45pに1条で3〜4粒ずつ蒔きます。

本葉3〜4枚のころ、2本に間引きします。
本葉4〜5枚のころに中耕し土寄せします。
乾燥防止にマルチや敷きわらが効果的です。

6/13

6/22

6/24

6/26

7/21

8/4

8/21

8/31

種まき

ポット移植

定植

9/14

9/28

10/1

11/7

マメコガネ食害

マメコガネ

ホソヘリカメムシ

オンブバッタ

イナゴ

12/22

乾燥

丹波大粒黒大豆

8/12

8/12  病気?

8/24

9/2

10/31

10/31

11/15

2012/5/9  保存中の黒豆

種皮にロウ質粉を被る大粒黒豆で、京都・兵庫の特産品。
分枝数が多く、草丈は低めの晩生種。
品質が良く正月用の煮豆に最適で、若どりすればエダマメとしても楽しめる。

晩生種なので、早まきすると過繁茂になって着莢が悪くなります。
極端な乾燥と過湿にならないように注意します。
特に、開花着莢時期には摘湿を保ちましょう。

若莢はエダマメとして、成熟子実はダイズとして利用できます。

7/12  定植圃場

8/1

8/25

8/25  開花

9/4

9/30  着莢

9/30

11/2

11/2  莢の黄化

11/7  茎葉の黄化

11/17  収穫間近

11/30  莢

12/15

種皮にロウ質粉を被る大粒黒豆で、京都・兵庫の特産品。
分枝数が多く、草丈は低めの晩生種。
品質が良く正月用の煮豆に最適で、若どりすればエダマメとしても楽しめる。

晩生種なので、早まきすると過繁茂になって着莢が悪くなります。
極端な乾燥と過湿にならないように注意します。
特に、開花着莢時期には摘湿を保ちましょう。

若莢はエダマメとして、成熟子実はダイズとして利用できます。

8/6

8/14

9/19

9/27

10/3

10/20

10/20

10/29 一部収穫

10/30

10/30 収穫

11/8 最後の収穫

11/23 圃場整理