アスター
 花言葉:心から慕っています・郷愁





アスター 2006

ポンポンアスター

5/9

5/26

6/27

7/19

8/1

9/13

9/2

特徴と育て方 (裏説明のまま)

万重咲で美しい「ちくま系」のアスターです。
作りやすい花ですが作るところは毎年変えたほうがよく出来ます。
発芽温度は15〜20℃です。
タネを蒔くのは春は桜の咲く頃、秋は彼岸花の咲く頃を目安としてください。
直播きも移植も出来ますが、日当たり・水はけのよい場所にタネを蒔きます。
タネにかける土の厚さは約5mmとし、目が出てくるまでは適度な水分を与えてください。
苗が育つのに適した温度は15〜25℃です。
移植する場合は本葉4〜5枚の小苗の頃に目的の場所に植えつけます。
花壇には石灰をまいて耕した後、
元肥として腐葉土・有機質入り低濃度化成肥料を少量施してから
タネ蒔きや定植をしてください。

花色・・・・・・紅・白・紫などの混合
草丈・・・・・・50〜80cm
切り花・花壇・プランター用

花言葉・・・・心から慕っています

松本混合

特徴と育て方 (裏説明のまま)

花径5cmほどで、暑い夏でも鼻持がよく、お盆の花として人気のロングセラー品種です。
茎が丈夫で立枯病に強く、作りやすいので、夏の花壇や切花に適しています。
豊富な花色の混合です。

主に桜の開花する頃に蒔きますが、暖かい地域では秋蒔きもできます」。
ピートバンやタネまき用土を入れた箱などにあらかじめ水遣りをしてから、
5mmほどの深さで蒔きます。
春の早蒔きは室内などの温度が確保できるところで管理します。

本葉芽出てからポットに仮植えし、本葉5枚前後になった頃株間15〜20cmで植えつけます。
鉢植えでは18cm鉢に3株ぐらいが適当です。連作を嫌うので同じ場所での栽培は避け、
定期的にアブラムシやヨトウムシなどの害虫予防をします。

花色・・・・・・・赤・紫・白などの混合
花壇・コンテナ・切花用

潟gーホク

潟Tカタのタネ

10/1

11/9

11/6

12/5

1/12

2/5

3/7

4/14

種まき

定植 ビニールトンネル覆

家庭花壇トップページへ

2006年    2007年
2008年    2009年
2010年    2011年
2012年    2013年
2014年    2015年



病気と害虫写真

アスターTOPへ

アスターTOPへ

5/8

5/22

5/26

6/15

6/29

6/20

メッシュワイヤーで倒伏除け

下葉の病気





アスター 2007

アスターTOPへ

特徴と育て方 (裏説明のまま)

咲き進むにつれて、色が濃くなる華麗なシェード系の品種です。

湿らせた土に4〜5粒ずつまく。
発芽まで乾燥させないように。

本葉4〜5枚の頃、日当たりと水はけの良い場所に植えます。
株間は20cm位が良いでしょう。
花壇は石灰、腐葉土、少量の有機質肥料を施し、良く耕しておきます。
栽培しやすい花ですが、栽培する場所は毎年変えたほうが良く出来ます。

みやびアスター 混合

潟gーホク

10/1

10/6

11/5

11/25

12/6

12/26

4/12

5/14

5/19

5/28

5/30

6/5

6/16

6/10

6/6

種まき

発芽

鉢上げ

定植

開花

最後の株も綺麗に咲きました

アスターTOPへ





アスター 2008

アスター 松本混合

みやびアシター 混合

潟Tカタのタネ

潟gーホク

4/12

4/12

4/18

4/18

5/31

5/31

6/6

6/6

6/15

6/15

6/20

6/20

7/27

7/27

8/17

8/12

8/5

8/3

7/29

百日草と

開花

みやび種まき

松本種まき

松本発芽

みやび発芽

アスターTOPへ

葉の縮れ病気の疑い
抜き取り処分

アスター 2008 秋蒔き

1/23

2/10

4/8

4/19

5/7

オンシツコナジラミ

ハダニ

斑点病

さび病

キクスイカミキリ産卵





アスター 2009 秋まき

シエナミックス

パステルミックス

パープル

スカーレット

潟Tカタのタネ

潟Tカタのタネ

潟Tカタのタネ

潟Tカタのタネ

12/9

12/9

11/20

11/20

11/20

9/17

9/11

種まき スカーレットパープル

マイクロアスター

ポット移植

定植





病気と害虫写真

アスターTOPへ

アスターTOPへ

アスターTOPへ

ハダニ

3/26

4/14

5/10

5/19

5/27

6/1

6/16

6/26





アスター 2010 春まき

7/1

5/30

5/11

4/29

ハスモンヨトウ

9/12

9/27  栽培中止する





アスター 2011

アスターTOPへ

潟Tカタのタネ

特徴と育て方 (裏説明のまま)

花径5cmほどで、暑い夏でも鼻持がよく、お盆の花として人気のロングセラー品種です。
茎が丈夫で立枯病に強く、作りやすいので、夏の花壇や切花に適しています。
豊富な花色の混合です。

主に桜の開花する頃に蒔きますが、暖かい地域では秋蒔きもできます」。
ピートバンやタネまき用土を入れた箱などにあらかじめ水遣りをしてから、
5mmほどの深さで蒔きます。
春の早蒔きは室内などの温度が確保できるところで管理します。

本葉芽出てからポットに仮植えし、本葉5枚前後になった頃株間15〜20cmで植えつけます。
鉢植えでは18cm鉢に3株ぐらいが適当です。連作を嫌うので同じ場所での栽培は避け、
定期的にアブラムシやヨトウムシなどの害虫予防をします。

花色・・・・・・・赤・紫・白などの混合
花壇・コンテナ・切花用

松本混合

5/31  種まき

6/3  発芽

6/15

7/3  ポット移植

7/6

8/12  定植

8/24

9/1  開花





アスター2012

アスターTOPへ

特性 (裏説明のまま)

鮮やかで豪華な花色を取りそろえた、切り花に最適な特選品種です。

種まきは湿らせた土に4〜5粒ずつ蒔きます。
発芽まで乾燥させないようにします。
発芽したら本葉2〜3枚の頃、1本に間引きします。

本葉4〜5枚の頃、日当たりと水はけのよい場所に定植します。
株間は20p位が良いでしょう。

花壇は石灰・腐葉土・少量の有機質肥料を施し、よく耕しておきます。
栽培しやすい花ですが、栽培する場所は毎年変えた方がよく出来ます。

潟gーホク

4/5  種まき

5/21  ポット移植

5/28  定植場所

5/22  二回目の種まき

5/28  発芽

アスターTOPへ

7/6

7/3  二回目ポット移植

6/29

6/27  二回目

6/14  ネキリムシ被害

6/6

5/30

6/6  二回目

7/16  切り花

7/26  

7/26  はなの虫害

9/2  二回目暑すぎる夏の太陽

5/8  種まき 





アスター 2013

9/7

9/13  切り花

9/24  栽培終了

5/13  発芽

5/27  ポット移植

6/4

6/18  ポット育苗

6/20  定植

6/29  倒伏防止ネット

7/6

7/17

8/21

8/17

7/31

7/24  開花

アスターTOPへ