あしたば







トップページへ

栽培と病害虫ページへ

家庭菜園写真集へ 






栽培とメモ帳

病気写真

害虫益虫写真

作物名 あしたば
科 族 目 せり科ししうど属
原産地方 東海伊豆、伊豆七島
作物特性 K,Fe、Cu、Mn、ビタミンA(βカロテン)、Bナイアシン葉酸群、C、E、K、パントテン酸(B6)、食物繊維を多く含む
栽培特性 カリウム:ナトリウムを対外に排出する効果のあるところからそれに伴う血圧の低下など生活習慣病予防に寄与
鉄:赤血球を構成するヘモクロビンの成分で体内に酸素を供給する重要な働きがあり不足すると貧血症になる
銅:赤血球を作るのに触媒としての作用があり、鉄とのバランスの取れた摂取が必要
マンガン:エネルギー代謝に必要な酵素や生体維持の為の各種酵素の成分として必要ミネラル
ビタミンA、(βカロテン)は視神経を活発化するとともに美肌にも効果があるといわれている
カロテンは色素成分で活性酸素を阻害する抗酸化作用があり、生活習慣病予防や免疫を強化する働きがある
ビタミンB群、葉酸はブドウ糖、脂肪、タンパク質を効率よく熱に換えたり、細胞の増殖に重要な働きをしている
葉酸は造血作用に働いて健全な血液を作り出す
ビタミンCは抗酸化作用があり活性酸素の増加を防ぎ抗癌作用があるといわれている
ビタミンEは抗酸化作用があり、活性酸素を押さえ老化や悪玉コレステロールによる血管障害など生活習慣病の予防
ビタミンKは血小板の働きを助けたり造骨作用を活性化し、骨粗しょう症の改善や予防の働きがある
食物繊維は主に消化器官を適切な状態に保つと共に、それによって各種の生活習慣病の予防に寄与している
パントテン酸はエネルギー変換に触媒的に働き肥満や生活習慣病予防、免疫力強化に働きがあるといわれる
あしたばの黄色い樹液には物質「カルコン」「クマリン」が含まれ、クマリンは強い抗菌作用があるといわれ
カルコンには抗菌作用、抗酸化作用が有りガンの抑制や血行を良くし血圧を下げる効果があると言われる
品種等
生育土壌 pH6〜6.5 水持ち良く通気性がある
播種時期 4月〜5月
植付時期 5月〜6月
発芽地温 15〜25℃
生育温度 15〜25℃
収穫時期 5月〜11月
保存方法
あしたば 単位は上段を除き100g当りmg(mg/100g) 日本食品標準成分表より
構成物質 熱量(Cal) 水分g タンパク質g 脂質g 炭水化物g 灰分g
摂取目安 2500 60 70 400
生・葉 33 88.6 3.3 0.1 6.7 1.3
ゆで・葉 31 89.5 2.9 0.1 6.6 0.9
無機質 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン
摂取目安 4000≧ 2500 1000 350 1000 10 10 1 4
生・葉 60 540 65 25 65 1 0.6 0.16 1.05
ゆで・葉 43 390 58 20 51 0.5 0.3 0.13 0.92
ビタミン A(カロテン) A(レチノール) B1 B2 ナイアシン B6 B12 C D
摂取目安 0.7 1.5 1.5 15 1.5 0.0024 100 0.005
生・葉 5.3 0.44 0.1 0.24 1.4 0.16 0 41 0
ゆで・葉 5.2 0.44 0.07 0.16 0.8 0.1 0 23 0
ビタミン E K 葉酸 パントテン酸
摂取目安 10 0.07 0.25 7
生・葉 4.3 0.5 0.1 0.92
ゆで・葉 3.1 0.38 0.075 0.45
脂肪酸 飽和 1価不飽和 多価不飽和 コレステロール
摂取目安 750≧
生・葉 - - - 0
ゆで・葉 - - - 0
食物繊維 水溶性 不溶性 食塩相当 硝酸窒素
摂取目安 25000 10(g)≧
生・葉 1500 4100 5600 200 Tr
ゆで・葉 1400 3900 5300 100 Tr
摂取目安 : 普通活動成人男子の目安 (女子、少年、活動状態により加減)
病気 適用薬剤 殺菌剤ページへ
土壌障害 土壌消毒(クロルピクリン等) 輪作 親苗の健全採苗 地下水位を下げる 
灰色かび病
斑点細菌病 Zボルドー水和剤 
菌核病
疫病 リドミツ粒剤
炭疽病
軟腐病 Zボルドー水和剤 カッパーシン水和剤 ビスダイセン水和剤
褐斑細菌病 Zボルドー水和剤
黒星病
うどんこ病 カリグリーン ストロビーフロアブル
べと病 Zボルドー水和剤 
褐斑病
つる枯病
さび病 カリグリーン
黒腐病 Zボルドー水和剤 
果実陥没病
果実汚斑細菌病
花蕾腐敗病
フザリウム立枯病
根こぶ病
茎枯病
立枯病 ベンレート水和剤
斑点病 ストリビーフロアブル カッパーシン水和剤 ビスダイセン水和剤 トップジンM水和剤 ダコニール1000
害虫 適用薬剤 殺虫剤ページへ
ハダニ類
タバココナジラミ
オンシツコナジラミ
ハスモンヨトウ トアローCT アファーム乳剤  
ヨトウムシ トアローCT アファーム乳剤 エスマルクDF  
コナガ トアローCT エスマルクDF
アオムシ トアローCT エスマルクDF 
オオタバコガ アファーム乳剤 エスマルクDF
タバコガ アファーム乳剤
アブラムシ類 マラソン乳剤 アルバリン顆粒
ネグサレセンチュウ
ネコブセンチュウ
アザミウマ類
ミナミキイロアザミウマ
ミカンキイロアザミウマ
タマナギンウワバ
ハモグリバエ類 アファーム乳剤
ナメクジ カタツムリ類
コガネムシ類幼虫
ネキリムシ
ケラ ネキリムシ類
キスジノミハムシ
ウリハムシ

5/13

6/11

8/17

11/20

12/2

12/2

2009年栽培

5月13日
  種まき発芽

6月11日
  ポット育苗

8月17日
  定植圃場

11月20日
  思ったより大株になる

12月2日
  2回目の収穫

12月2日
  黄色い樹液の成分カルコンとクマリン







栽培とメモ帳







病気写真







害虫益虫写真

キアゲハ幼虫

ハダニ?被害葉

ページトップへ

ページトップへ

伊豆諸島に自生する多年草で、葉が大きくなる前の若葉を切り取って利用します。
島の言い伝えとして、若葉を採っても明日になれば葉が生えてくるので、明日葉の名がついたという。
実際はそれほどのことはありませんが、若葉の出てくるのは早いです。

八丈島に訪れると必ず食卓に上がる野菜でもあります。
お浸しや、天ぷら等で、料理のバリエーションはあまり多くはないと思う。


茎葉を切り取ると断面から黄色の草液が出てくるのが特徴で、レタス類の白液と似ています。
この液は明日葉に備わった防衛手段の一つかもしれません。
またこの液体が肌や衣服に付くと落ちにくいので嫌う方は注意が必要です。
さらに黄色い液体は人によってはグロテスク色に感じるのではないでしょうか。

カリウム、マグネシウム、鉄などのミネラルや、各種ビタミンが豊富で利用価値が高い。
ビタミン類の内特にビタミンKが多く含まれているので、ある種類の血液調整剤を服用している方は注意が必要です。


4月に入ってから種を蒔きます。
本葉が展開するころに4号ポットに移植し、6〜7月に定植します。
定植場所は日当たりがよく、保水性がある土壌が適しますが、耕土が薄く滞水が見られるところは避けます。

移植後は均等化成肥料や,NK化成肥料、油かすを月替わりに施します。
病気の発生は見られませんでしたが、害虫の被害が見られ、特にキアゲハの寄生が多かった。
パセリなどセリ科共通の害虫です。


霜が降りるころになると茎葉が黄化し、やがて枯れます。
始めて栽培したときにビニール被覆と水封ビニールで防寒したところ、一部黄化も見られましたが立派に冬越しをしました。
二回目の栽培では株に不織布のみでべた掛けしたところ、茎葉は枯れましたが株元から萌芽し再生できました。
この結果を見たところでそこまでして栽培することはない野菜と感じ、栽培をやめました。